2012年海で出会えた生物ランキング

番外編 スプランクノトロフォウス・イマガワイ
Splanchnotrophus imagawai
スプランクノトロフォウス・イマガワイ
撮影日:2008年5月29日 撮影者:今川

 2012年もあっという間に過ぎてしまいました。 ここで、2012年を駆け足で振り返ってみましょう。

 2012年は新年早々大事件がありました。 1ダイブ目をエントリーしようとしたまさにその時、今川、見つけてしまったのです。水面に浮かぶ仏様を・・・。 すぐに海上保安庁に連絡をして遺体を回収。 しばらくは身元不明という事でしたが、何日かして、地元の方だったという事を聞かされ、ほっと胸を撫で下ろしました。
 波乱万丈の幕開けで、今年一年どうなるんだろう?と思っていましたが、例年以上に多くのお客様に来て頂き、安全に潜る事ができました。

 2つめは新サイトの立ち上げです。 Seaphotoというストックフォトサイトを立ち上げました。 何年も前から構想はあったのですが、なかなか着手する事が出来ず、ずるずる時間だけが経過。今年ようやくオープンする事ができました。
 まだまだハコができただけの状態で、正常な運用には至っていませんが、2013年はこちらのプロデュースにも力を入れていきたいと思っています。

 3つめはレッドビーチ解禁。 2年間近く閉鎖されていたレッドビーチが漁協の協力もあり潜れるようになりました。 しかも、ダイバー専用のクラブハウスまで準備してくれて熱烈歓迎状態。
 トイレもシャワーも使えるし、寒い冬を快適に過ごせるようになりました。 誰がこんな風になると想像できたでしょう。
 この施設を運営する会社の専務さんに懇意にして頂き、食事のサービスができたらとか、ボートが使えたらとか、色々な企画を提案させてもらっています。
 今まで以上に使い易いレッドビーチになるといいな。

 これ以外にもニュースはたくさんあるのだけれど、そろそろ本題に戻りましょう。

スプランクノトロフォウス・イマガワイ
Splanchnotrophus imagawai
スプランクノトロフォウス・イマガワイ
撮影日:2008年5月5日 撮影者:今川

 そんなレッドビーチで見られるトラパニア・ミルタブランカというウミウシに寄生するコペポーダという寄生虫が居ます。 この寄生虫が2012年 新種として発表されました。
 和名はウズヒマワリウミウシヤドリ。学名はスプランクノトロフォウス・イマガワイになりました。
そう、ワタクシ今川の名前が学名になったのです。

 ショップを始めた頃から、漠然とした目標でしたが、『自分の見つけた生物に自分の名前が付いたら素敵だな』と思っていました。 それが、魚なのかウミウシなのか、学名なのか和名なのかとかいう事は全く考えてなかったたし、この件も、論文が出る直前まで知りませんでした。
 まさか、寄生虫に自分の名前が付くなんて・・・。 という感じでしたが、目標が現実になって、素直に喜んでいます。 これからも新しい発見を求める原動力になります。

 でも、この寄生虫、ウミウシの中に侵入してしまうので、ガイド中にその姿をお見せする事はできないのです。 かろうじて、産んだ卵が二次鰓の部分からはみ出して見えるので、その中に居るんだという事は分かるんですけどね。

 中身を見てみたい方はショップに論文を置いているので見に来て下さいね。

 次は3位
このページのトップへ