7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ

ウミウシダイブ 2017/07/20

UGO会長がお友達のマリコさんを連れて来てくれました。
水温30度の中でウミウシダイブ。エアーが減りません・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 34度
 水 温 : 30度
 風 向 : 西
 波 高 : 1m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

アデヤカミノウミウシの向こうにはセスジミノウミウシ。
ホストは同じようです。

アデヤカミノウミウシ

ヒョウモンウミウシ。
5個体くらい見ました。

ヒョウモンウミウシ

このポイントはヒオドシユビウミウシも多い。

ヒオドシユビウミウシ

シカクイソカイカムリかな?
色んな被り物があるんだね。

シカクイソカイカムリ

シラナミイロウミウシはこの紫色のカイメンを食べています。

シラナミイロウミウシ

フラベリーナ・エンジェルバルデスイ、若しくはユニデンティア・エンジェルバルデスイ。
どっちが有効なのかな?

ユニデンティア・エンジェルバルデスイ

フラベリーナ・エンジェルバルデスイ、若しくはユニデンティア・エンジェルバルデスイ。
こっちは少し赤味を帯びた個体。

ユニデンティア・エンジェルバルデスイ

フジナミウミウシは人気でした。

フジナミウミウシ

ツマムラサキミドリガイ。
小さい!

ツマムラサキミドリガイ

更に小さいクロヒメウミウシ。
ある意味大量発生してますが・・・。

クロヒメウミウシ

更に更に小さいトウヨウキセワタ属の一種。
このサイズになるともうお手上げです。

トウヨウキセワタ属の一種

クロヘリシロツバメガイの電車ごっこ。

クロヘリシロツバメガイ

ラストはタツナミガイのおチビちゃん。
大きくなると汚くなるウミウシですが、このサイズは綺麗です。

タツナミガイ

今日は到着後の2ダイブで30種類のウミウシが見れました。

プライベートダイブ 2017/07/19

ハイエースの車検でしたが、今回は若干時間がかかるため24日まで代車での営業となります。
よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 34度
 水 温 : 29度
 風 向 : 南西のち西
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

午後から、というより夕方からプライベートダイブに出かけてきました。
無駄に窒素を溜めてしまうダイビングになりましたが・・・。
オキナワサンゴアマダイ。ブルーラインが綺麗。

オキナワサンゴアマダイ

浅場では長ーい減圧停止。
でも、この時期の浅場は幼魚満載で苦になりません。
テングカワハギの幼魚。

テングカワハギ幼魚

スミツキトノサマダイの幼魚。

スミツキトノサマダイ幼魚

ヤリカタギの幼魚。

ヤリカタギ幼魚

幼魚マニアの方は今が旬ですぞ!

慶良間です 2017/07/18

ルミコさんとマイさんの最終日。慶良間に行ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 34度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずはタイマイにご挨拶。

タイマイ

アオウミガメとも記念撮影。

アオウミガメ

この季節の風物詩。(笑)
ゴマモンガラにも襲われてきましたが、迫力ある画が撮れない・・・。

ゴマモンガラ

マクロも行ってみましょう。バサラカクレエビ。

バサラカクレエビ

アオウミウシ属の一種。

アオウミウシ属の一種

イロウミウシ科の一種。
ウミウシはたくさん居ました。

イロウミウシ科の一種

天気が良いので光のシャワーが綺麗でした。
刻々と変化する光の筋はオーロラみたい。

光のシャワー

ラストはバブルリング。
ルミコさん、マイさん、また遊びに来てくださいね。

バブルリング

明日は車検です。

海の日! 2017/07/17

今日は海の日。ダイバーなら潜りに行かなきゃでしょう!
という事で連チャンのルミコさんとマイさんの仲良し親子と潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 34度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

それにしてもいい海況が続いています。水面はベタベタでした。
まさに海の日。

ベタベタ

洞窟の中ではハタンポの幼魚がいい感じに群れていました。

ハタンポ幼魚

トウアカクマノミは卵の世話に大忙し。

トウアカクマノミ

カクレクマノミも卵を持っていました。

カクレクマノミ

ハナビラクマノミの棲むセンジュイソギンチャクが丸まってました。

ハナビラクマノミ

でも、お昼を挟んで午後に見に行ったら普通の形に戻っていました。

センジュイソギンチャク

セジロクマノミが浅くてボートから近い場所に移動していました。しかも撮り易い。
労せず日本で見られるクマノミ6種類を全て写真に収めることができました。

セジロクマノミ

ルリスズメダイとレモンスズメダイの交雑種。
ルリレモンと呼ばれているそうです。

ルリレモン

デバスズメダイの群れ。(Photo by マイさん)
爽やか!

デバスズメダイの群れ

でっかいヨゾライボウミウシにウミウシカクレエビ。(Photo by マイさん)

ヨゾライボウミウシ

海況がいいと何してても楽しいです。^^

マクロフォトダイブ 2017/07/16

連チャンのI泉さんに初 Ocean Blue のルミコさんとマイさんの親子が参加。
ウミウシダイブ予定でしたが皆さん「ウミウシのことはそれほど」という事だったのでマクロフォトダイブに切り替えて潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近、定番化してきた感のあるシライトベンケイハゼ。
これがナチュラルな角度です。(笑)

シライトベンケイハゼ

浅い場所でナカモトイロワケハゼ。
偶然の出会いに感激。

ナカモトイロワケハゼ

セダカカワハギの幼魚。 じっとしてたら海藻です。

セダカカワハギ幼魚

ウミテングの幼魚。

ウミテング幼魚

フィコカリス・シムランス。
I泉さん、何度でもチャレンジしてください。

フィコカリス・シムランス

ピグミーシーホース。
ポリプが開くと良く分からん。

ピグミーシーホース

ダイアナウミウシのおチビちゃん。

ダイアナウミウシ

ヒョウタンヨウジのアップ。

ヒョウタンヨウジ

ナガレモエビ属の一種。

ナガレモエビ属の一種

ヒレナガネジリンボウ。
今日はヤシャの方が敏感でした。

ヒレナガネジリンボウ

トウアカクマノミ。
めっちゃクリーニングされています。

トウアカクマノミ

オオモンカエルアンコウの幼魚。
久し振りに見に行ったら行列ができていました。ひぃ〜!

オオモンカエルアンコウ幼魚

それにしても暑い日が続いています。
ビールがすすむではないか。

ウミウシときどきエビカニ 2017/07/15

ここ最近 Ocean Blue 初参加のお客様が多いです。今日も初参加のI泉さんと潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 29度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とりあえずセンテンイロウミウシにしておきました。

センテンイロウミウシ

アカテンイロウミウシ。
今年はウミウシが不作だ、不作だと言い続け、気が付けばもう7月。
水温29度の中でもまだこんなウミウシが出て来てくれます。ありがたい。

アカテンイロウミウシ

オオムカデミノウミウシ。

オオムカデミノウミウシ

ミュヤ・ロンギコルニスは産卵中。

ミュヤ・ロンギコルニス

こちらはミュヤ・ロンギコルニスの黒っぽい個体。

ミュヤ・ロンギコルニス

I泉さんはエビカニも好きだという事で、シカクイソカイカムリ。

シカクイソカイカムリ

ウズラカクレモエビ。
大きい個体でした。

ウズラカクレモエビ

ハモポントニア・コラリコーラ。
たくさん居ました。

ハモポントニア・コラリコーラ

アデヤカミノウミウシ。

アデヤカミノウミウシ

アオフチキセワタ。
ちょっと目を離すとすぐに砂に潜ります。

アオフチキセワタ

ユニデンティア・エンジェルバルデスイ Unidentia angelvaldesi
向こうでの読みはアニデンティア・エンジェルバルデスイになるみたい。

ユニデンティア・エンジェルバルデスイ

ヒオドシユビウミウシの背中にコペポーダ。
いったい何匹着いてるんだ?

コペポーダ

ラストはイリオモテミノウミウシに酷似したハナビラミノウミウシ。
良ーく見ると白い斑紋がポツポツと・・・。

ハナビラミノウミウシ

数はカウントしませんでしたが、今日はかなりの数のウミウシが見れました。
明日からお客様が増えます。

予定変更 2017/07/14

Ocean Blue 初参加のW辺さんと潜ってきました。
ウミウシダイブでのご予約を頂いていたのですが、最近のウチのログを見て「あれも見たい」、「これも見たい」とリクエストが増えていき、結局は五目ダイブになっていました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西のち南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最初のリクエストはナカモトイロワケハゼ。
たくさん着いています。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ。
グリーンアイ。

ナカモトイロワケハゼ

あれ見たら、これも見たいでしょって事でシライトベンケイハゼ。
写真の上下を逆にしています。

シライトベンケイハゼ

サガミツノメエビはスルーされました。

サガミツノメエビ

フィコカリス・シムランスにはがっつり刺さっていました。

フィコカリス・シムランス

元々のリクエストだったウミウシも捜してみました。
セグロリュウグウウミウシ。

セグロリュウグウウミウシ

シロフシエラガイ。
大きなシンデレラはいつものところに着いていました。(写真撮ってないけど)

シロフシエラガイ

そして、これもリクエストの一つ。
W辺さんが追っかけているのは???

サメダッシュ

ムキムキのカマストガリザメ。

カマストガリザメ

カマストガリザメ。
くるりん。
同時に2匹のカマストガリザメが見れました。

カマストガリザメ

カマストガリザメ。
エントリーからエキジット直前までずーっとカマストガリザメと戯れていました。

カマストガリザメ

いい海況が続いています。皆さん遊びに来てくださいね〜。

お知らせ 2017/07/13

22連チャンが終わり、お休みを頂きました。久し振りに娘とゆっくり過ごせました。
今日はお知らせを2点・・・。

メキシコツアーについて

メキシコツアーの日程と価格を変更しました。

期間:10月4日〜10月13日(9泊10日) 価格:58万円
       ↓
期間:10月7日〜10月16日(9泊10日) 価格:59万円

既に数名の方からご予約を頂いておりますので、催行決定となります。
まだ空きがありますので、興味のある方は奮ってご参加ください。

詳しくはこちらをご覧ください

器材のお預かりについて

2017年8月1日以降、ダイビング最終日にショップに器材を置かれていく方は1,500円の預かり料を徴収させて頂きます。 お預かりの期限は最大1年間とし、それ以上置かれる方は1年ごとに1,000円の預かり料を追加してお支払い頂きます。

現在、既に器材を置いて行かれている方にはこれからご案内を差し上げますので、今後も継続してお預けになるか、ゆうパックでお送りするかのどちらかを選択して頂きます。

また、ダイビングが終わった後、器材を乾かして送って欲しいという方は、数日間お預かりして、完全に乾いた後、梱包し、ゆうパックの着払いでお送りさせて頂きます。
この場合、500円の手数料を頂きます。

現在、20名程の器材をお預かりしており、ショップのスペースがかなり狭くなっています・・・。
皆様のご理解とご協力をお願いします。

ワイワイ 2017/07/12

波の高さ1mが続いています。海はベタベタです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのK脇さんご夫婦とK川さん、Ocean Blue 初参加のI原さんご夫婦の5名と潜ってきました。

本日のお客様

シモフリカメサンウミウシ。

シモフリカメサンウミウシ

かなり人馴れした感のある黄色いジョーフィッシュ。

黄色いジョーフィッシュ

トウヨウキセワタ。

トウヨウキセワタ

パンダツノウミウシ。

パンダツノウミウシ

オオムカデミノウミウシのおチビちゃん。

オオムカデミノウミウシ

ハナサキコヤナギウミウシ。

ハナサキコヤナギウミウシ

カラジシウミウシには皆さん刺さりまくっていました。

カラジシウミウシ

シロスジヒオドシウミウシ。

シロスジヒオドシウミウシ

今日は3ダイブで27種類でした。
明日は久し振りにお休みさせて頂きます。

水温30度? 2017/07/11

連チャンのK脇さんとK川さんと潜ってきました。
行こうと思っていたポイントに米軍のボートが入港していたので、迂回して別のビーチで潜りました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 33度
 水 温 : 30度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

入ってみると、強烈な濁りでしたが、皆さん「ウチの地元はこんなもん」と平気そう。
水温は30度もあり、いつまででも潜ってられそうでした。
1本目は小さいウミウシが目立ちました。
フジナミウミウシのおチビちゃん。

フジナミウミウシ

シロアミミドリガイ。
触角の先端が変だね。

シロアミミドリガイ

ウミウシを捜していると目の前をインドカエルウオの幼魚が行ったり来たり・・・。
たくさん居ました。

インドカエルウオ

バエオリディア・ランソンイ。
皆さん、この擬態能力には舌を巻いていました。

バエオリディア・ランソンイ

トウヨウキセワタ属の一種。

トウヨウキセワタ属の一種

2本目は大きなウミウシのオンパレード。
チリメンウミウシ。

チリメンウミウシ

と、言いながら、今川はウミウシの写真はあまり撮ってませんでした・・・。
メディアに残っていたのはコブシメのおチビちゃんとか。

コブシメ

ラピポントニア・パラガレーネとか。

ラピポントニア・パラガレーネ

ラオメネス・パルドゥスでした。

ラオメネス・パルドゥス

今日は2ダイブで19種類。明日はもっと頑張ります。
7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ