7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ

台風一過 2014/07/09

台風8号は昨日 沖縄本島の西の海上を抜けて行きました。
被害状況は全国区のニュースでも流れていますので、敢えてここには書きません。
たくさんの方から連絡を頂きましたが、ショップ周辺は大きな被害はありませんでした。
心配して頂きありがとうございました。

今日の朝方までは土砂降りでしたが、今は雨も風も止み穏やかです。

でも、海は大きなうねりが残っていて再開するにはしばらく時間がかかりそうです。
Yahooの波予報は真っ赤っか・・・。

本日の海況

台風はこれから九州、本州に向かいますので、進路上にお住まいの方は気を付けて下さいね。

台風直前 2014/07/07

明日は台風直撃です。何でも過去最大級の大きさとか???
でも、今日はまだまだ潜れる場所があったので潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 東
 波 高 : 4のち8m
 透明度 : 8m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先月、遊びに行ったバナナリーフのオーナーの神谷さんと奥さまのふみさんが来てくれました。

本日のお客様

お二人のリクエストはウミウシとヤドカリ。
まずは「ゾウゲイロウミウシ」。産卵しかけていました。(Photo by 神谷さん)

ゾウゲイロウミウシ

「キャラメルウミウシ」は過去最大級の大きさ。(Photo by 神谷さん)

キャラメルウミウシ

砂辺では比較的良く見る「ミナミニシキウミウシ」。(Photo by 神谷さん)

ミナミニシキウミウシ

小さかった「ベニワモンヤドカリ」。(Photo by 神谷さん)

ベニワモンヤドカリ

「キカザリサンゴヤドカリ」。(Photo by 神谷さん)
などなど、ウミウシもヤドカリも普通種ばかりでしたが、神谷さんの地元ではあまり見れないものも多く、喜んで頂けました。

キカザリサンゴヤドカリ

夕方、ショップ横の港を見てみると台風対策が行われていました。
明日の海は全面closeのようです。

台風対策

明日は何して過ごしましょうか?

ヤノルス・サヴィンキンイ 2014/07/06

台風は確実に沖縄に向かってきています。
沖縄への最接近は8日。この時期で 910hPaなんてありえないくらい猛烈な台風です。
大きな被害が出ないといいのですが・・・。

近く発売される図鑑への写真提供の依頼があり、Seaphotoに写真を何枚かアップしました。
手続きの煩雑さを省くためにも、今後は依頼者と直接交渉しながら販売するのではなく、Seaphoto経由で販売するようにしたいと思います。
皆さんも暑中見舞いなどに使ってみて下さいね。

さて、かねてから「コヤナギウミウシ属の一種」としていたウミウシに学名が付きました。
「Janolus savinkini」Martynov & Korshunova, 2012。
2012年の記載ですから、付きました、というより付いてましたという方が正しいですね。
学名をカタカナ読みにすると「ヤノルス・サヴィンキンイ」になります。何か覚え辛い・・・。
中野理枝さんから教えて頂きました。ありがとうございました。
和名はしばらくしたら付くと思います。

ヤノルス・サヴィンキンイ

この写真もSeaphotoからです。

ショップツアー2日目 2014/07/05

台風8号は最悪コースを辿っています。
来週予約を入れて下さった皆様には連絡をして、別の日に振り替えてもらいました。
大きな被害が出ない事を祈ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

シースラッグさんのショップツアー2日目。 シースラッグさんは 2006年からツアーで来てくれるようになり、今年で9年目のお付き合いです。ありがとうございます。
海況もいいので、バビューンと慶良間に行ってきました。

本日のお客様

今日もカメラを置いて潜ったので、写真は全てお客様提供です。
「アデヤカミノウミウシ」。(Photo by チカさん)

アデヤカミノウミウシ

「テングカワハギ」の幼魚。可愛いけどちょこまか動き回るので撮影は困難。(Photo by M澤さん)

テングカワハギ

交接中の「ミゾレウミウシ」。あれ?背中が・・・。(Photo by M澤さん)

ミゾレウミウシ 交接

「トウモンウミコチョウ」は2個体。
チカさん! コウモン・・・じゃないですよ!(笑)(Photo by M澤さん)

トウモンウミコチョウ

カメが見たいというリクエストもあったので「タイマイ」。(Photo by M澤さん)

タイマイ

でも、やはり皆さんウミウシが大好き。「アカテンイロウミウシ」。(Photo by M澤さん)

アカテンイロウミウシ

「トルンナ・プルプロペディス」。(Photo by チカさん)

トルンナ・プルプロペディス

「サビウライロウミウシ」などなど色々なウミウシを見てきました。(Photo by M澤さん)

サビウライロウミウシ

2日間お天気にも海況にも恵まれて良かったですね。また遊びに来て下さいね。

ショップツアー 2014/07/04

台風8号が発生しました。しかも、沖縄直撃コース。
今現在でも日本と同じくらいの大きさなのに、沖縄近海の海水面の温度が高いので、今後ますます大きく成長しそうです。 来週の予定は見直しが必要ですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西のち南
 波 高 : 1m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日はシースラッグさんのショップツアー。酒井店長率いる6名のお客様と潜ってきました。
2日間前乗りしていたN田さんはすっかり焼けてますね。

本日のお客様

まずは深場でハゼ三昧。
「ホタテツノハゼ」。寄れてます。(Photo by M澤さん)

ホタテツノハゼ

「アカメハゼ」も増えてますね。(Photo by M澤さん)

アカメハゼ

「メレンゲウミウシ」は風景の一部として。(Photo by M澤さん)

メレンゲウミウシ

「ベニワモンヤドカリ」。派手なヤドカリです。(Photo by M澤さん)

ベニワモンヤドカリ

「ハダカハオコゼ」。仲良し。(Photo by M澤さん)

ハダカハオコゼ

「カイカムリ科の一種」。人気者です。(Photo by ヒロコさん)

カイカムリ科の一種

明日は慶良間に行ってきます。

国立公園 慶良間 2014/07/03

今朝、サンゴのスリックがたくさん浮いていました。慶良間は昨晩やったんだね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

N田さんと慶良間へ行ってきました。やはり慶良間は透明度が良いですね。

本日のお客様

今日もお客様に生物を紹介しながら PowerShot D30のテスト。
「ノコギリダイ」の群れ。目が光ってる・・・。

ノコギリダイ

「アカヒメジ」の群れ。目が光ってる・・・。

アカヒメジ

「ネムリブカ」。目が光ってる・・・。

ネムリブカ

「アザハタ」も目が光ってる・・・。
原因は分かっていますが、対処するのは面倒くさい。
でも、単体で水深 25mまで持って行っても全然平気でした。この手軽さはいいね。

アザハタ

ならば、ウミウシ行きましょう。「アカホシコヤナギウミウシ」。
夏らしく青抜きで。

アカホシコヤナギウミウシ

「パイペックイボウミウシ」だよね?

パイペックイボウミウシ

「アカテンイロウミウシ」はN田さん自らの発見。しかも2個体。

アカテンイロウミウシ

「スベスベオトヒメエビ」。ちょこまか動き回るので大変です。

スベスベオトヒメエビ

ラストはシグナルフロート。
ドリフトダイビングが気持ちいい季節です。

ドリフトダイビング

明日からショップツアーで賑やかになりそうです。

ピーカン 沖縄 2014/07/02

スカッと晴れた沖縄です。浅いところの水温が29度まで上昇してきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27〜29度
 風 向 : 南西のち南
 波 高 : 1m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は昨年シースラッグさんのショップツアーで来られたN田さん。
実は、今週末にもシースラッグさんのツアーがあるのだけど、N田さんだけ前乗りで参加です。
ビーチで潜ってきました。

本日のお客様

まずは「コンシボリガイ」。この時期に見られるのは大きい。

コンシボリガイ

何となく撮ってみた「クモウツボ」。

クモウツボ

「ハモポントニア・コラリコーラ」。
ここのところ、ずっと PowerShot D30を持って入っているのだけど、今日は水中マクロモードの使い勝手を試してみました。 被写体にギリギリまで寄れるのはいいのですが、色の再現性がちょっと微妙・・・。

ハモポントニア・コラリコーラ

小さな「バブルコーラルシュリンプ」もカメラ単体でこのくらいまで寄れます。
あとはライティングを考えれば使えるかな?

バブルコーラルシュリンプ

「クロテナマコ」が立ち上がって放精していました。

クロテナマコの放精

頭?の後の部分から白い煙のようなものが出ているのが分かりますか? これが精子だと思います。
見た事はないけど、メスはツブツブの卵が確認できるそうです。
オスとメスが同じタイミングで放卵、放精する事で受精が行われるのだけど、他のナマコは 1個体もこういう行為をしていなかったので、この個体だけ先走っちゃった感があります。

クロテナマコの放精

「アカテンイロウミウシ」は2個体確認。
この個体は産卵していました。この卵の産みの親はキミだったんだね。

アカテンイロウミウシ

と、ここで衝撃の写真が!
普通種の「ガラスハゼ」ですが、良く見るとお腹の部分から後ろが 2つに分かれています。
奇形なのかなー? 今度、デジイチで撮りに行こう。(Photo by N田さん)

奇形のガラスハゼ

ラストは「グロッソドーリス・エレクトラ」。(Photo by N田さん)

グロッソドーリス・エレクトラ

明日は透明度を求めて慶良間に行ってきます。

ダイバーは歯が命? 2014/07/01

早いもので今年も半分が過ぎてしまいました。今日から後半戦です。

予約を頂いていたお客様がキャンセルになったので、今日は休みにして歯医者に行ってきました。
これから先、なかなかお休みできるタイミングがないので、良い休暇になりました。

写真は昨日撮った「ゴマモンガラ」。
今はまだ大人しいですが、そろそろ産卵時期に入るので凶暴な性格になります。
こんな頑丈な歯で襲われたらたまりません。

ゴマモンガラ

明日からまた頑張ります。
7/1〜7/10のログ   7/11〜7/20のログ   7/21〜7/31のログ
このページのトップへ