4/1〜4/10のログ   4/11〜4/20のログ   4/21〜4/30のログ

ウミウシダイブ2日目 2014/04/10

天気が良くなって、水面近くの水温が上がってきました。浅い所のダイビングが気持ちいい。(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北西のち北東
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ウミウシダイブ2日目。お客様はK元さんご夫婦。
レッドに行ってみましたが、米軍の船が入りそうな雰囲気だったので、遠出はせず、エントリー口近くで潜りました。

本日のお客様

1本目は最大水深 2.9mのダイビングでしたが、こんなところでもウミウシはたくさん居るのです。
「ヤエヤマミドリガイ」。側足の縁の赤いラインがオシャレ。(Photo by ノブさん)

ヤエヤマミドリガイ

「インディアンミノウミウシ」。久し振りー。(Photo by ノブさん)

インディアンミノウミウシ

「ネコジタウミウシ属の一種」。通好みのウミウシです。(Photo by ノブさん)

ネコジタウミウシ属の一種

可愛いカニも出てきたので撮って頂きました。(Photo by ノブさん)

カニ

1本目を上がったところで、作業船が鉄塔にフェンダー(緩衝材)を取り付けて、いよいよ大型船が入る雰囲気になってきたので、場所を変えて潜りました。 ちなみに、1本目で見れたウミウシは28種類。
「ビンガタニセツノヒラムシ」。個体ごとに模様が違うので面白い。(Photo by ノブさん)

ヒラムシ

「ヒポカンパス・セベルンスイ」。2個体とも健在。(Photo by ノブさん)

ヒポカンパス・セベルンスイ

「ヒラタイミドリガイ」。すべての個体が頭を持ち上げてました。(笑)(Photo by ノブさん)

ヒラタイミドリガイ

「チドリミドリガイ」。このバリエーションは・・・。(Photo by ノブさん)

チドリミドリガイ

「シロウミコチョウ」。白と言いながら黄色の個体も居るのです。(Photo by ノブさん)

シロウミコチョウ

大きかった「フサウミナメクジ」。(Photo by ノブさん)

フサウミナメクジ

「レモンウミコチョウ」。何故かあの根だけ大量発生。(Photo by ノブさん)

レモンウミコチョウ

「スカシウミナメクジ」。撮りにくいウミウシですが目まで写っています。(Photo by ノブさん)

スカシウミナメクジ

「クロヘリアメフラシ」。側足を広げて遊泳中。(Photo by ノブさん)

クロヘリアメフラシ

「カノコウロコウミウシ」。狙ってたウミウシが最後に出ました。(Photo by ノブさん)

カノコウロコウミウシ

今日は2ダイブで47種類のウミウシが見れました。

ウミウシダイブ1日目 2014/04/09

今日から3日間 ウミウシダイブです。最近になってようやくドカン!ときている感があります。
何が出るかワクワクします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 南のち北
 波 高 : 1m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

お客様はリピーターのK元さんご夫婦。
海況はどこでもオッケー状態で、お二人が選んだポイントはホーシュー。

本日のお客様

カメラを置いて行ったので、写真は全てノブさんにお任せ!
「アオミノウミウシ科の一種」。(Photo by ノブさん)

アオミノウミウシ属の一種

リクエストの「アカテンイロウミウシ」も2個体出ました。(Photo by ノブさん)

アカテンイロウミウシ

「キャラメルウミウシ」。(Photo by ノブさん)

キャラメルウミウシ

「ボブサンウミウシ」もゲット。おっしゃー! (Photo by ノブさん)

ボブサンウミウシ

今年は「オトヒメウミウシ」が多い気がします。今日も大きいのが4個体。(Photo by ノブさん)

オトヒメウミウシ

「コンペイトウウミウシ」。やはり あそこは多い。うん。(Photo by ノブさん)

コンペイトウウミウシ

「イロウミウシ科の一種」。珍しいのも出る出る。(嬉)(Photo by ノブさん)

イロウミウシ科の一種

「アオウミウシ属の一種」。バリでは普通種だそうです。(Photo by ノブさん)

アオウミウシ属の一種

「ゴシキミノウミウシ」。綺麗な個体でした。(Photo by ノブさん)

ゴシキミノウミウシ

「センヒメウミウシ」。(Photo by ノブさん)

センヒメウミウシ

「アエジレス・レモンセッロ」。2年振りの出会い。あの時もホーシューでした。(Photo by ノブさん)

アエジレス・レモンセッロ

今日は午後からの2ダイブでしたが52種類のウミウシが見れました。

今日も慶良間で 2014/04/08

台風4号が発生しましたね。沖縄は来週あたり影響が出るかもしれないという事です。
来週の潜水の予定を変更する事も視野に入れながら行動したいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東のち南東
 波 高 : 1m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もK田さんと慶良間に行ってきました。波の高さは1mというコンディション!

本日のお客様

しかも、どのポイントも30mは抜けていました。これが慶良間ブルーなのです。
エントリー直後から「アオウミガメ」が登場。

アオウミガメ

ランデブーしながら体の隅々までじっくり観察していました。

アオウミガメ

小さいものも見てみたいという事で「シモフリカメサンウミウシ」を紹介。
背中にカメの模様が入っている不思議なウミウシです。

シモフリカメサンウミウシ

こちらは小さい「オレンジウミコチョウ」。虫眼鏡でじっくり見てもらいました。

オレンジウミコチョウ

ウミウシもたくさん居たけど、それ以上に見つかったのがヒラムシ。
でも、名前の分からないのが多かった・・・。「ニセツノヒラムシ属の一種」って事で。

ヒラムシ

「アデヤカニセツノヒラムシ」は3個体が近くに居ました。

ヒラムシ

「キンチャクガニ」。手に「カサネイソギンチャク」を持って身を守っています。

キンチャクガニ

ラストはドリフトダイビング。「イソマグロ」が悠々と泳いでいました。

イソマグロ

圧巻はグルクンシャワー! 「グルクン」が川のように途切れなく流れて行きます。

グルクンシャワー

一生分の「グルクン」を見てきました。

グルクン

夕方、ショップに突然のお客様が。この組み合わせは珍しい、というか面白い。(笑)

突然の来訪者

明日からはウミウシダイブ3連チャン。頑張ります。

初慶良間なお客様 2014/04/07

ここ最近、慶良間のお問い合わせが増えています。やはり国立公園化の話には皆さん興味があるようです。 沖縄への観光客がどんどん増えてくれると我々にとってもありがたい事です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 21度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北東のち東
 波 高 : 2.5のち1m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は Ocean Blue 初参加のK田さん。ネットでHPを見てくれての参加です。(感謝!)
Cカードを取って6年振りのダイビングという事で、初ボート、初慶良間と全てが初尽くしです。
楽しんでいきましょう。

本日のお客様

最初はカメラを置いて潜ったのだけど、徐々に慣れてきたので「コブシメ」とパチリ。

コブシメ

「コブシメ」の産卵シーンもじっくり観察できました。

コブシメの産卵

ここ慶良間の名前を冠した「ケラマハナダイ」も紹介。

ケラマハナダイ

目に入るものは全てが新鮮。人懐っこい「ヤシャベラ」にも興味津々。

ヤシャベラ

4月に入ってから「クマノミ」があちこちで産卵している話を書いていますが、ここ慶良間でも例外ではありません。 この「クマノミ」も産みたてと思われる卵の世話をしていました。

クマノミの産卵

「クマノミ」は棲むイソギンチャクの種類によって色を変える事も紹介。
K田さん、今後はカタールで暮らすことになるので、そちらで潜るという事です。 向こうで見られるクマノミ達も 日本で見られるのとは種類が違うので、その辺も注目してみて下さいね。
あー、ところでカタールって何処ですか?(笑) カタールの地図

黒いクマノミ

明日は更に海況が良くなる予報です。じっくり楽しみましょう。

ビーチでじっくり 2014/04/06

少人数ではありますが、連日お客様と潜れています。ありがたい事です。
頻度良く潜る事で、その時、その場所での環境の変化も分かってくるし、生物の見どころ、見せどころも組み立てる事ができ、 ガイディングの幅が増してくるので良い事ずくめです。
今月後半は比較的空いていますので、Ocean Blue で潜ってやろうというお客様は遊びに来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 20度
 水 温 : 20度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 7m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

3連チャンのO田さんとレッドビーチへ。
この3日間ともいい天気、というか、O田さんが過去にウチに来て頂いた日は全て天候に恵まれています。
晴れ男の称号を与えても良いでしょう。

本日のお客様

ここに来てようやくウミウシが爆発的に増えてきた感があります。
「リュウモンイロウミウシ」はO田さん自らの発見。

リュウモンイロウミウシ

意外な場所で「コヤナギウミウシ属の一種」も出てきました。ちなみに見つけたのはオカちゃん。
Ocean Blue 的には普通種なのだけど、本日のリクエストだった事もありペタペタ。

コヤナギウミウシ属の一種

「モンジャウミウシ」がこれから卵を産み始めるというシーンに遭遇。
ウミウシは卵を産む器官が体の右側にあるのに、(一般的な)卵は左巻きですよね。 これって、どうやって産んでるのかなー?って疑問があったのだけど、今日のこの状態を見て納得しました。
右側から出た卵は、腹足の下側を通ってあたかも左側から出たようになっています。そして、このまま体を左回転させていけば、左巻きの卵塊ができる訳です。ナルホド。

モンジャウミウシの産卵

今川がそんな生態シーンに釘付けになっている最中にO田さんは「ジンガサヒトエガイ属の一種」をゲットしてました。 素晴らしー! そして、このコがレッドにも居るんだという事に驚き。
目がマンガみたいで可愛いです。

ジンガサヒトエガイ属の一種

もちろんウミウシだけでなく色んなものも見てきました。「ウツボ科の一種」。

ウツボ科の一種

「ホワイトアイ」こと「イトヒキハゼ属の一種」。

イトヒキハゼ属の一種

「ヨコシマエビ」。コミカルな動きです。

ヨコシマエビ

でも、やはり、今の旬はウミウシ。どうしてもウミウシを捜してしまうのだ。
「スカシウミナメクジ」は小さいですが、ちらほら見られるようになってきました。
この写真で見ても分かり辛いと思いますが、このコ達の擬態能力が一枚上手って事で・・・。

スカシウミナメクジ

「コトヒメウミウシ」若しくは「コトヒメウミウシ属の一種」。激レア出たー!

コトヒメウミウシ

浮上直前には大量の「イワシ」に巻かれてきました。

イワシの群れ

今日は新しくなったキングタコスのタコライスを食べに行ってきました。

キングタコス

キングタコスのタコライスが世界で最初のタコライスなのです。

タコライス

初日は北部遠征グルメツアー、昨日は(載せてないけど)港町食堂、そして今日はタコライスと、 ダイビングだけじゃなくグルメツアーも満喫できた3日間でしたね。

アオウミガメと泳ぐ

明日はお客様が入れ替わります。

慶良間でカメ三昧 2014/04/05

今日は夏のような陽気になりました。
裸で寝ていると、太陽光線がジリジリと肌を焦がすのが分かります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 21度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北
 波 高 : 2.5のち1.5m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

連チャンのO田さんと慶良間へ行ってきました。

本日のお客様

慶良間ブルーに心が癒されます。

慶良間の青い海

せっかく慶良間に来たので、慶良間ならではの風景を堪能してきました。
サンゴに群れる「デバスズメダイ」と「フタスジリュウキュウスズメダイ」。

サンゴとスズメダイの仲間

「アユカワウミコチョウ」も今のところ慶良間でしか見た事がありません。
しかも沖縄産のものは色模様が本州のものとは違い、独特です。

アユカワウミコチョウ

慶良間の名前を冠した「ケラマハナダイ」。

ケラマハナダイ

そして、慶良間と言えば、カメの多さとダイバーに対する警戒心の無さ。(笑)
日本各地でカメの見れるところは数あれど、殆どの場所はピューッ!と逃げて行くので、カメとこんなにゆっくり泳げるエリアは少ないと思います。
O田さん、小さいウミウシも大好きですが、経験本数はまだ30本少々。カメを見るのも珍しいと思うので、じっくり観察して頂きました。

アオウミガメと泳ぐ

今日は複数の「アオウミガメ」が同時に見れました。時には同時に4枚なんて事もありました。

アオウミガメと泳ぐ

たくさんのカメと遊んで慶良間を堪能してきました。

アオウミガメと泳ぐ

明日はビーチでじっくり潜ってきます。

北部遠征 2014/04/04

本州の方は花粉症が猛威を振るってるらしいですね。
今川も花粉症ですが、沖縄に居る時は発症はしていません。(ツアーで関西や関東に行く時はダメです)
皆さんも花粉症避難ツアーで沖縄に遊びに来ませんか?

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 20度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はO田さん。 昨年の9月に初めて Ocean Blue を利用してから、今年は1月、2月、そして今回と良いペースで遊びに来て頂いています。 今日も北部遠征してきました。

本日のお客様

大きかった「スゾヒダウミウシ」。10cmオーバーでした。

スソヒダウミウシ

「テヌウニシキウミウシ」はO田さんが見つけてくれました。

テヌウニシキウミウシ

「チギレフシエラガイ」の交接シーン。普通種ですが、このコ達の交接は初めて見たかも?

チギレフシエラガイ

「コウイカの仲間」。

コウイカの仲間

「ミナミクモガニ」と「イソギンチャクモエビ」が同じホストをシェアしていました。

ミナミクモガニ

最近はヒラムシも良く見ます。「サクラニセツノヒラムシ」。

サクラニセツノヒラムシ

「ヒポカンパス・セベルンスイ」。いつもお世話になっています。
このコが居るので、北部遠征も苦になりません。

ヒポカンパス・セベルンスイ

今川が ウミウシが多いと密かに思っている根があるのだけど、特に多いのが「フウセンウミウシ」。
今日はそこだけで10個体以上を見ました。何故、この根に集中するんでしょうね?
目が可愛いのでお気に入りです。

フウセンウミウシ

しかも、行く度に出てくるウミウシ達も違うので面白い。
今日は「レモンウミコチョウ」がかなりたくさん出てきました。
ちなみに、「レモンウミコチョウ」は新称で、以前は学名の「シフォプテロン・キトリヌム」で呼ばれていました。

レモンウミコチョウ

北部遠征ですからグルメツアーも行っときましょう。
このとんかつ定食、このボリュームで650円でしたが、4月から少し値上がりしたようです。

本日の昼食

こちらのぜんざいも若干の値上げがありました。
まぁ、元々が安かったので、これが適正と思えば問題なしですね。

本日のデザート

この後はプリンを・・・と、思ってましたが、売り切れでした。残念!

ポイント調査 2014/04/03

つかの間の休息ですが、とあるミッションがありポイント調査を兼ねて潜ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東のち北西
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 5〜15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「コヤナギウミウシ属の一種」。大きかった。

コヤナギウミウシ属の一種

「コモンウミウシ」。普通に居るからコモン(common)ではなく、小紋のウミウシなのです。

コモンウミウシ

見慣れない「ヒラムシ」が居ました。

ヒラムシ

触角のような部分がシャキーン!と立っていますね。

ヒラムシ

こちらは「ビンガタニセツノヒラムシ」。

ビンガタニセツノヒラムシ

「キホシウロコウミウシ」。目が可愛い。

キホシウロコウミウシ

「マツゲメリベ」が目立つ季節になりました。体をクネクネと動かしながら遊泳します。

マツゲメリベ

「マツゲメリベ」。10cm越えの個体でした。

マツゲメリベ

「マツゲメリベ」の口のアップ。頭巾と呼ばれる器官で底生生物を捕食します。

マツゲメリベ

あちこちで「クマノミ」などが一斉に産卵を始めています。
水温はあまり変わらないけど、水中の生物は敏感に春を感じとっているようです。

卵を守るクマノミ

ラストは「ヒポカンパス・セベルンスイ」。

ヒポカンパス・セベルンスイ

「ヒポカンパス・セベルンスイ」。まだ2個体健在。デジイチで撮っておきたかったので良かった。

ヒポカンパス・セベルンスイ

明日から10連チャンでお客様と潜ります。頑張ります!

ワイワイ楽しいダイビング 2014/04/01

4月になりました。世の中は今日から消費税が8%にアップしました。
Ocean Blue は消費税のアップは行いませんが、原価がアップするものや、過去からの実績で価格の見直しが必要な一部のメニューについて価格を見直させて頂きます。 何卒よろしくお願いします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 雨のち曇り
 気 温 : 21度
 水 温 : 21度
 風 向 : 東のち北東
 波 高 : 1.5のち3m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新年度から楽しいお客様と潜ってきました。
Ocean Blue ご近所さん会のアコさん、アヤさんに、アヤさんの旦那さんのユウイチさんが体験ダイビングで潜りに来てくれました。 皆さんのお気に入りの北部に遠征してきました、

本日のお客様

「タイワンカマス」の群れ。潜降してすぐに見れます。

タイワンカマスと泳ぐ

「クマノミ」が卵を守っていました。明太子のようなツブツブの一つ一つからクマノミが産まれます。

卵を守るクマノミ

ジャパピグこと「ヒポカンパス・セベルンスイ」も見てきました。
まだまだ2個体見られます。体験でも見れる水深なのでありがたい。

ヒポカンパス・セベルンスイ

大きかった「モンジャウミウシ」。

モンジャウミウシ

今日は記念ダイブです。アコさんが50本、ユウイチさんが誕生日という事でダブルでめでたい!!

記念ダイブ

陸上でもパチリ。フラッグはアコさんの手作りです。

記念ダイブ

ショップに戻ってからはケーキでお祝いさせて頂きました。おめでとうございまーす!

記念ダイブ

Ocean Blue で記念ダイブをしてみませんか?
100本単位の節目(リピーターさんは最初の50本もOK)、誕生日、結婚記念日など色々な記念日を盛り上げます。 予約の際にお問い合わせ下さい。
4/1〜4/10のログ   4/11〜4/20のログ   4/21〜4/30のログ
このページのトップへ