3/1〜3/10のログ   3/11〜3/20のログ   3/21〜3/31のログ

春分の日 2012/03/20

今日はお休み。天気もイマイチだったので、ショップに籠って某企業様からのお仕事を着々と進めていました。
午後、中野理枝さんが、東京大学のS教授と学生さん4人を連れてご来店。 明日から5日間、沖縄で調査合宿をするという事で、4人分の器材をレンタルしに来たのです。 皆さん、ショップにあるデジイチ&ハウジングに興味を持たれたようで、色々試し撮りをしてもらったりしながらしばし歓談。 明日からの調査が実りのあるものになるといいですね。

さて、先日見つけた「カサゴの仲間」を瀬能宏さんに問い合わせてみました。
消去法でヒレボシミノカサゴに同定しています。 同じステージの画像は1点だけ登録されているのですが、成魚との間をつなぐステージがありません。 引き続き成長を追いかけていただけると貴重な情報になります。
このコの大きさは1cm。次に行った時にも居るかなー? 頑張って捜してみよう。瀬能さん、ありがとうございました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

そう言えば、今日は春分の日。『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉がありますが、これからどんどん暖かい日が増えてきます。 皆さんもどんどん潜りに来て下さいね。

ワイワイ♪ 2012/03/19

連日の打ち上げでお疲れモードMAXの今川です。でも海に入ると疲れなんて忘れちゃいます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 25〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も昨日と同じメンバーで潜ってきましたよ。慶良間に行ってきました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日もD野アナにデジイチをレンタルして頂きました。 D野アナ、経験本数はまだまだ10本ちょいですが、すごく落ち着いていて、動き回る「カクレクマノミ」もググッと寄って撮ってました。 (Photo by D野アナ)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「アオフチキセワタ」。カメラだけじゃなくウミウシにもハマりそうですね。(Photo by D野アナ)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

可愛い「イロカエルアンコウ」のおチビちゃんも見つける事ができました。(Photo by D野アナ)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

ネーミングにセンスが感じられる「ホシゾラワラエビ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

これも名前が素敵ですね。「ルージュミノウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「トウモンウミコチョウ」は米粒サイズ。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

紹介した時は何か分からなかったけど、ショップでテレビに映してみたら「トラパニア・パルムラ」だと分かりました。
しまった、もう少ししっかり撮っておくんだった・・・。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日はジョジョさんが50本の節目を迎えました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

全員で記念撮影です。おめでとうございまーす!

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日は「ザトウクジラ」も見てきましたよ。間近で鼻の穴が見れました。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

ダイビングして、ホエールウオッチングもして、2倍楽しめました。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

そして、今宵も打ち上げ〜♪ ジョジョさんの50本記念をケーキでお祝いしました。
居酒屋さんから泡盛のボトルも頂きました。あざーす!

沖縄 ダイビング Ocean Blue 沖縄 ダイビング Ocean Blue

明日はお休みさせて頂きます。

到着ダイブ 2012/03/18

急に暑くなりました。エアコンの効きが悪いのでクーラーガス2本を補充。そんな3月の沖縄です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち雨
 気 温 : 26度
 水 温 : 20〜22度
 風 向 : 南西のち北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 10〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は3名のお客様と潜ってきました。連チャンのK田さんにバディのジョジョさんが合流。 そして、某テレビ局のD野アナウンサーがOcean Blue初参加。 到着日の今日は恩納村のボートで潜ってきました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

D野さん、ネットでOcean Blueを見つけて申し込んでくれました。(ありがとうございます) ウチは mixiはおろか、ツイッターやフェイスブック、ネットブログなど全くやらず、このHP 1本で勝負しているのですが、ちゃんと見つけてくれる方が居るのですね。
そんなD野さん、デジイチをレンタルしてくれました。初のデジイチは難しかったと思いますが、楽しそうにたくさんシャッターを切っていました。 写真は「ツバメウオ」。(Photo by D野アナ)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日はウミウシダイブではなかったのですが、それでもついつい捜してしまうのです。
「シロウサギウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「スミゾメミノウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

分かりません。(きっぱり) 背中の突起は何なのでしょうか? (Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

2本目はクマノミ6種を見つつ「ミナミハコフグ」の幼魚をパチリ。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

帰りは恩納の駅でかき氷を食べてきましたよ。もうこんな季節なのですね。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日はショップでたこ焼きパーティー♪ また食べ過ぎだ・・・。

ウミウシダイブ 2日目 2012/03/17

今日の最高気温は25度超えの夏日。水中は最寒の時期ですが、上がってきてから暖かいので過ごしやすいですね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 25度
 水 温 : 20度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 2m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日もウミウシ大好きK田さんと潜ってきました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

エントリー直後にオカちゃんが見つけてくれた「ブチウミウシ」。良いサイズでした。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

↑のを見つけたお蔭で、そこから全く動かないモードに突入。(笑)
「シロハナガサウミウシ」はペアで。今日は2個体でイチャイチャしているウミウシが多かった。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「ベルギア・チャカ」でいいのかな?(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「ニイニイミノウミウシ」は大きくて綺麗でした。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「トルンナ・ダニエラエ」と思って紹介したけど、このログを書いているうちに何か違うよな気がしてきました。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

もう1枚貼ってみる・・・。外套膜の内側のラインの入り方が違うような気がするんだけど・・・。(Photo by K田さん)
結局、1本目は殆どエントリー口のところで潜ってて、最大水深4.5mというダイビングでした・・・。(笑)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

2本目はちょっと窒素を吸いに深場へ(と言っても20mくらい)。永遠のアイドル「シンデレラウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日はちょっと収穫が。NEWコンペイトウ畑を発見しましたよ。 「コンペイトウウミウシ」(下の写真)や「キスジカンテンウミウシ」、「モザイクウミウシ」などのハルゲルダ系のウミウシが狭い範囲に10個体近く居ました。 これからもっと増えるといいな。そんなに深くないので観察し易いです。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

エキジット直前に見つけた謎の個体。「クリオネ」みたいに水中をパタパタ泳いでいました。 「裸殻翼足目の一種」かな? 詳細が分かる方は教えて下さい。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日は2ダイブで32種類でした。

ウミウシダイブ 2012/03/16

内職はちょっとお休みを頂いて今日から4日間海に出ます。この週末は天気は悪いけど、暖かくなる予報です。頑張ります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち雨
 気 温 : 23度
 水 温 : 21度
 風 向 : 南東のち南
 波 高 : 3のち2.5m
 透明度 : 25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

先月のレンベツアーに参加してくれたK田さんがご来店。 『がっつりウミウシで!』というリクエストだったので、空港到着後、ビーチで2本を潜ってきました。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

1本目。初っ端からOcean Blue初見の「シロダンゴイボウミウシ」が出てきました。(K田さんも初見) 居る環境は大体分かってるつもりだったけど、今まで見た事がありませんでした。嬉しいな。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「ハナショウジョウウミウシ」で良いと思います。この時期に良く見られるウミウシです。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「ノトアリモウミウシ」でしょう。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

「ミドリブドウギヌ」は2個体見つける事ができました。目が可愛いですね。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

2本目。オカちゃんが見つけてくれた、巨大な「オトヒメウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

いつ見ても綺麗な「アデヤカミノウミウシ」。(Photo by K田さん)

沖縄 ダイビング Ocean Blue

今日は2ダイブで38種類。 例年に比べるとまだちょっと少ないけど、写真を撮るには丁度良いペースで出てきてくれました。

図鑑的写真 2012/03/14

今日は潜りに行くつもりでしたが、某企業様から仕事の依頼があり、ほぼ1日ショップに籠っていました。
パソコンを使った仕事なのですが、新しいパソコンに替えたお蔭で、大きなサイズの写真をたくさん開いてグリグリ操作してもストレスなく動きます。快適♪快適♪
ま、それは良いとして、休みの日はしばらくこちらの仕事を優先して行う事になりそうです。 でも、ブログが更新しないのも寂しいので、過去の写真を使ったりして、たまーに書き込みもして行きたいと思いますのでよろしくお願いします。

今日は第6回フォト魂のテーマになっている図鑑的写真についてお話しをします。
図鑑的写真というのは、その名の通り『図鑑に載せられるような写真』という事です。
では、どんな写真が図鑑に載るのでしょうか? ピントが合ってるとか基本的な事は当然ですが、『その生物の特徴が分かる』というのが重要だと思います。
魚の場合は、真横からの写真で、各鰭が開いている事が良いとされています。 更に、背景がごちゃごちゃとうるさくならない様に撮れればベストです。 あと、魚の標本写真は、何故か左向きなので、撮影に支障がなければ、左向きの写真が良いのではないかと(密かに)思っています。
下の「オキスズメダイ」は真横から撮れています。腹鰭が全開ではないですが、元々あまり腹鰭を開かない魚なので、これくらいは及第点でしょう。 青味がかった魚なので、コントラストを付ける為、背景は黒抜きにしました。あとは拘りの左向き。
個人的に点数を付けるなら90点くらいかな?

沖縄 ダイビング Ocean Blue

では、ウミウシの場合はどうでしょう。
ウミウシは触覚や二次鰓にしっかりピントが来ている事と、全体の色や形が分かる事が基本です。
また、ウミウシは体の右側に交接器官があり、それが種の同定に繋がる事もあります。通常の状態で見えている種もいるので、それが写せるとGOOD。 なので、魚とは違って、右向きでもノープロブレム。 この「トリトニア・ボーランドイ」(Tritonia bollandi)は、交接器官が写っていますね。
あと、背景がうるさくならないように・・・というのと矛盾していますが、周囲の環境も写せると良い場合もあります。 この写真にはムチヤギが写っていて、これがホストだという事が分かります。 ツルツルテカテカの石ころの上に乗せた写真は、どんなに綺麗に撮れても減点です。(元々、その様な環境に居るものならOKです)
この写真は自画自賛で100点。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

エビカニの場合は、自分自身あまり写真を撮ってないのですが、真上、若しくは真横からの写真が良いと思います。
真上からだと、甲や尾など、体全体の模様が分かりますし、真横からしっかり撮れている写真であれば、額角の歯の数なども分かります。 (エビとカニでは歯の並び方が違うので、一概に真横からが良いとは言えませんが)
あと、全てに共通する事ですが、カメラ側で色合いを調整するピクチャースタイルやピクチャーコントロールという機能があります。 図鑑写真の場合は、これを極端に使わない事が理想です。今川は基本、スタンダード(ニュートラル)で撮影しています。
下の「アザミカクレモエビ」の写真は個人的には70点ですが、和名提唱の際の論文に使われた実績があります。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

ここでの話は図鑑的写真を撮る事を前提としたものなので、他の撮影目的の場合には当てはまらない事もあると思いますが、 写真を撮る時に、色んな事を意識しながら撮るのも楽しみの一つだという事で載せてみました。
また、デジイチみたいに良いカメラじゃないと図鑑的写真は撮れないんじゃないかと思う方も居るかもしれませんが、 コンデジでも十分に良い写真は撮れます。特に、ウミウシやエビカニなどのマクロ系はコンデジの方が有利な場合もあります。 (実際、上のエビの写真はコンデジです)
これから来沖されるお客様で、図鑑的写真を撮ってみたいという方が居ましたら、是非言って下さいね。 撮影方法など、ここに書ききれなかった事もレクチャーしますし、時間の許す限り、被写体と向き合えるよう配慮しますよ。

ポイント調査 2012/03/13

嬉し恥ずかし5連休中のOcean Blueです。 この2日間は新しいパソコンをいじって、古いパソコンからのデータを移行したりしていました。 Windows7対応のOffice2010やPhotoshopなどのソフトもインストールして、今日は新しいパソコンからログを書き込んでみたりしています。
こんな感じで、私生活は充実しているのだけど、引き籠りは精神的に良くありません。海況も回復してきたので潜りに行ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り
 気 温 : 19度
 水 温 : 21度
 風 向 : 北東
 波 高 : 2のち1.5m
 透明度 : 20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

まずは「テイラーズガーデンイール」。 今まで、お客様にはたくさん写真を撮って頂いたのだけど、いざ自分がデジイチを持ち込むと、見つけられなかったり、見つけてもすぐに引っ込んだりと、写真が撮れていなかったのです。 (ちなみに、先月のレンベでは撮れたんだけど、日本でのこの個体が撮りたかったのですよ)
今日も最初は見つけられなかったのだけど、減圧2分前にオカちゃんが見つけてくれて、なんとか3枚撮れました。 まだ、寄り切れてませんね。次回はもう少し・・・。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

その後は「ハナヒゲウツボ」を撮ったり・・・。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

黄色の「ジョーフィッシュ」を撮ったりしました。
このコ、相変わらず巣穴から砂を吐き出していて、今日も同じ行動を何回も繰り返していましたよ。 それが面白くって、なかなかこのコから離れられない・・・。(笑)
結局、このコとハナヒゲだけで1ダイブ。 今川が刺さっている間に、このコの1m横に黒色の「ジョーフィッシュ」と、更に3m先にも黄色の「ジョーフィッシュ」が居るのをオカちゃんが見つけてくれました。ここはジョー団地ですね。浅いし粘れます。

沖縄 ダイビング Ocean Blue

やっぱり潜るのは楽しいな。明日も潜りに行っちゃおうかな?
3/1〜3/10のログ   3/11〜3/20のログ   3/21〜3/31のログ
このページのトップへ