TOP >>ログブック >>2009年8月のログブック

8/1〜8/10のログ   8/11〜8/20のログ   8/21〜8/31のログ
 ■ Happy Birthday!     2009/08/20
今日は曇りときどき雨なんて予報でしたが、雨なんて一滴も降らず、一日中快適に過ごせました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りときどき雨
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北のち北東
 波 高 : 1.5のち2m
 透明度 : 30〜40m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は4名。リピーターのT内さんご夫婦と、奥様の職場の同僚のミドリさんとヨウコさんが遊びに来てくれました。 慶良間に行ってきました。

photo

ミドリさんとヨウコさんは体験ダイビング。ちょっとドキドキでしたが、ニモに会う事ができましたね。

photo

空いた時間はシュノーケリングも楽しんできました。

photo

今日は40mを越える透明度。こんなコンディション1年に1回あるかないかですよ。(マジで) シュノーケルでも十分に楽しい筈。

photo

今日の今川は忙しい。ファン3本と体験2本を1人で担当したので、お昼休みも殆ど返上でフル回転。 大爆発中の「スカシテンジクダイ」を食べちゃいたくなりました。(笑)

photo

ファンチームは2枚の「タイマイ」と遭遇。

photo

『「ゴマフアザラシ」みたい♪』と喜んでくれた「コクテンフグ」。

photo

そして、今度はすごく浅い場所で巨大な「アオウミガメ」とご対面。背中に「コバンザメ」を2匹従えてました。

photo

その後、次から次へとカメが出て、4枚の「アオウミガメ」を見る事ができました。

photo

体験チームにはカメをお見せする事ができなかったのだけど、ファンチームが潜ってる真上をスノーケリングしてたので、 水面からカメを見る事ができました。今度は水中で一緒に泳ごうね。

photo

今日はマサエさんの誕生日。打ち上げの時にOcean BlueのオリジナルTシャツと、本日撮った写真をCDに焼いてプレゼント。 更に、2次会で行ったクラブではバースディケーキとバースディソングでお店に居る全員がお祝い。(100人近く居ました) 嬉しいハプニングでしたね。

photo photo

オールディズのナンバーでテッペン越えるまで踊り明かしました。いやー、楽しかった。

photo photo

明日は突然のご予約が入りました〜。早く寝なければ・・・。

 ■ 今日は本島     2009/08/19
今日もいい天気でした。 昼からスコールのような激しい雨が降りましたが、今日は2ダイブで終了したので、雨に打たれる事なく戻って来る事ができました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28〜30度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は昨日から連チャンのK崎さんと本島ボートで潜ってきました。 この時期には珍しい北寄りの風で、水面は多少チャプチャプしていましたが、港からポイントまで近いのでノープロブレムです。

photo

1本目は地形のリクエストで夢の穴へ・・・。ピカチューのシルエットの向こうから差し込むOcean Blueの仄かな光が綺麗でした。 旦那様はチョー感動して、何度も『いい!いい!』って言っていましたね。

photo

『出て行っちゃダメ〜!』と言わんばかりに、穴の出口を塞ぐ「ミナミハタンポ」の群れも圧巻!

photo

穴の中には「シモフリタナバタウオ」が全身丸出しでウロウロしていました。

photo

体の色が変わったり、眼の光が反射したりと楽しませてくれた「ホウセキキントキ」。

photo

穴の外では「カスミチョウチョウウオ」と「スミレナガハナダイ」(下の写真)の乱舞が凄かったです。 それにしても、この3枚の写真、どれも似た様な感じで写ってますね。(笑)

photo

「マンジュウヒトデ」に着く「ヒトデヤドリエビ」。マクロ目線で見ると、ヒトデの体表が意外と派手なのには驚きです。

photo

「ミゾレウツボ」の横では「ミヤケテグリ」の幼魚がピコピコお散歩中。撮りたいけど寄れない・・・。

photo

2本目は砂地のポイントでじっくり生物観察。「ヒョウモンツバメガイ」が集団で産卵していました。 真ん中の白い泡のようなものが卵です。こんなシーンは初めて見ました。

photo

しばらく観察していると、電車ゴッコのように3匹が連結して歩き出しました。不思議なウミウシですね。

photo

日本のハゼに載っている「ウミショウブハゼ属の一種2」ですね。この海藻に着いているのをたまに見かけます。

photo

ここの定番「トウアカクマノミ」もじっくり観察。

photo

最近、「タコベラ」(下の写真)や「オハグロベラ」を非常に良く目にします。 以前はベラなんて興味なかったのにね。 本当は特徴的な形の尾ビレを広げたところを撮りたいのだけど、ガイド中だし、コンデジだしこんなもんです。

photo

「ウルマカエルアンコウ」(下の写真)も連日の登場です。 これ以外では「ヤシャハゼ」や「ヒレナガネジリンボウ」、「バイオレットボクサーシュリンプ」なども見てきました。

photo

ちょっと波がパシャパシャしてきましたね。台風10号の影響かな?

 ■ 慶良間日和     2009/08/18
風が北に回り、少しだけ秋の気配を感じました。でも、沖縄はまだまだ暑いです。どんどん遊びに来て下さいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 北東
 波 高 : 1のち1.5m
 透明度 : 20〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は青森県からお越しのK崎さんご夫婦。初めての慶良間に行ってきました。

photo

お二人のリクエストは『何と言ってもカメ!』という事で、1本目はカメポイントではありませんでしたが、捜してみました。 すると、あっさり「アオウミガメ」が登場〜。ベラにクリーニングされて気持ち良さそうでした。

photo

全員一緒に記念撮影。カメさんからもカメラ目線頂きました。(笑)

photo

その後、2枚の「タイマイ」も登場。「タイマイ」もカメラ目線です。(笑)お二人はこれが初カメなんですよね。じっくり見れて良かったですね。

photo

サンゴの隙間には小さなカエルアンコウが居ました。エスカが白い事と、独特の豚っ鼻。「ウルマカエルアンコウ」です。

photo

「センジュミノウミウシ」。どっちが頭か分かりませーん。ま、これも身を守る手段って事で・・・。

photo

2本目は小さなエビ・カニを中心に見ながら泳ぎました。「ナデシコカクレエビ」は虫眼鏡を使ってじっくり観察。

photo

サンゴの根の上で「アオウミガメ」がお昼寝中でした。気持ち良さそうです。

photo

「キンチャクガニ」の可愛さにメロメロでした。

photo

3本目は大物を求めてドリフトダイビング。大物待ちの間に「ハマクマノミ」の幼魚を見たり・・・。

photo

「チョウチョウコショウダイ」が「ホンソメワケベラ」にクリーニングされているシーンをじっくりと観察。

photo

初めて見たという「ネムリブカ」(下の写真)2匹や、大きな「イソマグロ」も見ましたが、それ以上の大物は現れず・・・。 でも、初慶良間で初物尽くしで良かったですね。

photo

明日も天気が良さそうです。楽しんで行きましょ〜!

 ■ 沖縄の海の生き物達     2009/08/17
今日は窒素抜きDay。先日購入したD70sのテストに出かけたかったのですが、午前中は事務仕事、午後は広告担当者との打ち合わせ、夕方は歯医者、夜は面接?とスケジュール満載だったので断念。 空いた時間に海の生き物達を更新しました。

ここ最近、名前の分からなかったものの中から、進展のあったものを紹介します。

7/21のウミウシダイブの時に見つけて、「イロウミウシ属の一種」としていたウミウシですが、その後、中野理枝さんから 『「Glossodoris sp」ではなく下記の学名のついたウミウシでした。』と連絡がありました。 「Diversidoris aurantionodulosa」。 ラテン語読みすると、「ディベルシドーリス・アウランティオノドゥローサ」(又は「ディベルシドーリス・アウランティオンオドゥローサ」)ですね。 和名は、理枝さんが日本初記録ということで、近い将来論文に発表するそうです。

ディベルシドーリス・アウランティオノドゥローサ

さらっと流しましたが・・・。日本初記録! 嬉しいじゃあーりませんか。

以下のエビ・カニは、中野理枝さんが、エビ・カニガイドブックの著者の奥野淳兒さんに聞いて頂いた内容です。

7/8に慶良間で見つけたエビです。以下、奥野淳兒さんのコメントを掲載します。 『「Odontonia属の一種」と思われます。 最近、広義の「ホヤカクレエビ属」(Pontonia s.l.)が細分化され、日本に分布するホヤカクレエビが Odontoniaに属しますので、 「ホヤカクレエビ属」の標準和名をこちらに使用する、という提案をしなければと思いつつ、そのままになっています。 この斑紋パターンの種類は、先日の大浦湾調査で転石下のホヤから採集されましたので、近々、種レベルまで同定できると思います。』
和名が決まるまで、沖縄の海の生き物達には「ホヤカクレエビ属の一種」(Odontonia sp)として掲載します。

ホヤカクレエビ属の一種

7/3に真栄田岬で見つけたエビです。以下、奥野淳兒さんのコメントです。 『頭に何もつかない「カクレエビ属」という分類群があり、その中の「クロチョウカクレエビ」か「チョウガイカクレエビ」だと思われます。』 (この2種の名前で調べると、属は「カイカクレエビ属」となっているのですが、「カクレエビ属」が正しいのでしょうか?) この2種はネット上にも殆ど写真が存在せず、同定が難しい事から、沖縄の海の生き物達には「カクレエビ属の一種」(Conchodytes sp)として掲載します。

シャコガイカクレエビ

7/21にレッドビーチで見つけたカニです。 『カイカムリ科であることは確実ですが、属以下はわかりませんでした。』
沖縄の海の生き物達には「カイカムリ科の一種」(DROMIIDAE sp)として掲載します。

カイカムリ科の一種

殆ど(というか全て)他力本願で調べて頂きました。中野理枝さん、奥野淳兒さん、ありがとうございました。

 ■ いい天気♪     2009/08/16
大阪の人は何故「飴」の事を「飴ちゃん」と言うのでしょうか? 知ってる人は教えて下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 西のち北
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は昨日から連チャンのH本さんご夫婦と万座の海を楽しんできました。2日間とも天気が良くて良かったですね。

photo

1本目は他のショップさんが開発中というポイントで潜りました。 何が出るか分からないので、細かい生物を捜しながらのダイビングになりました。 まずは、「ムチカラマツエビ」を紹介。

photo

ウミウシがちらほら目に入りました。「メレンゲウミウシ」は大きくて目立ってました。

photo

ふと上を見上げると、大きなクレパスの先に他のチームのダイバーが泳いでいたのでパチリ。

photo

笑ったような表情が可愛い「ミナミギンポ」。頑張って撮ってましたね。

photo

今日の万座の海はご覧の通り、波、流れとも全然ありません。グッドコンディションでした。

photo

お二人がディープSPを持っているという事で、2本目は「ナカモトイロワケハゼ」を見に行きました。 何回か通ってると、どの瓶の個体が度胸が据わってるのかが分かってきますね。 このコは全然逃げなかったのでクローズアップレンズ付けてパチリ。

photo

「オオモンカエルアンコウ」はロープに挟まってました。ダイエット中?

photo

リクエストの「トウアカクマノミ」も見てきました。13日に見たのと同じ個体ですが、あの時の卵はもうハッチアウトしてて、今日は新しい卵が産み付けられていました。 この時期のクマノミは休む間もなく産卵していますね。大変だなぁ。

photo

「ミナミホタテウミヘビ」が居る・・・?

photo

と思ったら、穴からスルスルと出てきて泳ぎ始めました。「ミミックモドキ」(仮称)ですね。

photo

季節外れのタコ揚げです。なんちゃって。

photo

3本目も同じポイントになってしまいましたが、深場へは行かず、ひたすら浅いところをまったりと泳ぎました。 「ハナミノカサゴ」の若魚が居たのでパチリ。

photo

1cm足らずの「イッポンテグリ」の幼魚の情報を頂いていたのですが、見つける事はできませんでした。 でも、「ウミテング」の幼魚は見つけてきましたよ。浮上直前までこの可愛い動きに見とれていました。

photo

今日は天気が良くて、水中も気持ち良かったですね。また来て下さいね。

photo

明日は久し振りにお休みでーす。

 ■ カメ三昧     2009/08/15
今日、電気屋さんに行ったら1TB(テラバイト)の外付けハードディスクが1万円を切っていました。思わず即買いしました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1m
 透明度 : 30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は、昨年Ocean Blueをご利用して頂いたH本さんご夫婦がリピートしてくれました。 慶良間に行ってきましたよ。

photo

1本目。綺麗なイソバナに群れる「キンギョハナダイ」やスズメダイの幼魚などを眺めました。

photo

『天女の窓』も覗いてきました。

photo

『さぁ、泳ぎましょうか!』と前を見たら、「アオウミガメ」が・・・。岩に挟まってジタバタしてました。(笑)

photo

その後、無事にテイクオフ。ゆっくり泳いでくれたので、長い間見れましたね。

photo

洞窟にも入ってきました。差し込む光が綺麗で、いつまで眺めていても飽きません。

photo

どうやら「フリソデエビ」の神様が降りてきてるみたいです。

photo

2本目は「ノコギリダイ」と「アカヒメジ」の群れからスタート。

photo

ここで、また「アオウミガメ」登場〜。

photo

「タイマイ」も見れました。

photo

更に、寝ている「アオウミガメ」も居ました。全然動かなかったので記念写真をパチリ。

photo

この「アオウミガメ」の甲羅にはハゼが乗っていました。龍宮城に連れて行かれちゃうよ〜。

photo

3本目はサンゴの綺麗なポイントでドリフトダイビング。 泳ぎ始めてまたまた「アオウミガメ」が登場〜。今日は3本ともカメゲットです。(嬉)  でも、このカメ、何か変じゃないですか? お尻からヒモのようなものが出てますね・・・。 どうやら、ゴミを間違って食べてしまったようです。 傍に居たイントラさんと協力して取ってあげました。

photo

お腹がスッキリしたカメさんは、『ありがとう!』って手を振ってから泳いでいきました。 偶然だけど・・・。そう見えたのですよ。

photo

その後も色んなものを見てきましたよ。暗がりから出てくる「ネムリブカ」には驚いてましたね。

photo

最後は「マダラトビエイ」が見れましたよ。

photo

ずーっと一緒に泳いでくれました。H本さん達との3ショットを載せておきます。(遠いですが・・・)

photo

透明度もいいし、色んなものが見れて楽しめましたね。旦那様のシルエットをパチリ。

photo

明日も潜るのだ。

 ■ 色々見てきました     2009/08/14
今日も最高のお天気になりました。水に浸かる瞬間の気持ち良さ・・・。たまりません!(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日も連チャンのS藤さんとマンツーマンで潜ってきました。 ビーチ希望だったので、3本ともがっつりビーチで潜りましたが、1本目は変化をつける為に砂辺に行ってきました。

photo

まずは「ササハゼ」のペアを紹介。大きくて、逃げない、しかもそこそこ綺麗で被写体としては申し分ありません。

photo

3ヶ月前は真っ黒だった「ホシテンス」。だいぶ大きくなりましたが、頭のアンテナのような突起はまだ付いています。

photo

そして、おぉぉ! 1本目からヒット〜! 1cmくらいの「コンゴウフグ」の赤ちゃんが登場〜。 この頃はまだ泳ぎが下手で、全然逃げません。しかも、後ろを向きながら泳ぐので、必ず正面顔が撮れちゃいます。 2人で激写大会でした。

photo

浅い所には「ブチウミウシ」が居ましたよ。やはり、場所が変わると違うものが見れて楽しいですね。

photo

2本目もここで潜っても良かったのですが、S藤さんが真栄田を希望されたので、真栄田に移動しました。 3日連続ですが、「トゲツノメエビ」からスタートです。ずっとここに居て欲しい。

photo

「ピグミーシードラゴン」こと「キオネミクティス・ルメンガニィ」はあちこちで見つかります。いい事だ。

photo

「ワライヤドリエビ」はS藤さんのクローズアップレンズ2枚に今川のクローズアップレンズを1枚お貸しして、3枚重ねにして撮って頂きました。 粘ってましたね。ちなみに、下の写真は2枚重ねでノートリミングです。

photo

「シチセンチョウチョウウオ」のペアが泳いでいました。

photo

そして、今日は「フリソデエビ」が大漁。同じ場所から連続して3個体も見つかりました。 1個体ずつ貸し切りでじっくり撮りましたよ。 S藤さんは、『今日も「ユキンコボウシガニ」が撮りたい』という事で、この後、ユキンコに張り付いてましたが、 今川はずっと「フリソデエビ」を撮らせてもらいました。

photo

さぁ、いよいよ3本目。沖縄ラストダイブです。 今までと違う被写体を紹介しますって事で、「ハダカハオコゼ」からスタートです。

photo

「イロブダイ」の幼魚。可愛いですね。

photo

S藤さん自ら見つけてくれた「キスジカンテンウミウシ」。グッドです。

photo

後半は何やら分からないエビやカニばかり見てきましたが、その中から2枚・・・。 「ナガウニカニダマシ」です。2個体居ました。

photo

このコに関しては、エビなのかカニなのかも分かりません。誰か分かる方が居ましたら教えて下さい。

photo

最後にはS藤さんのカメラとストロボの両方がバッテリー切れ。 『3日間で1年分のダイビングをしたみたいで楽しかった』と言ってくれました。(嬉) 色々見ましたもんね〜。また来て下さいね。

 ■ 今日のリクエスト     2009/08/13
殺人的な太陽光線が照り付けている沖縄。 日が射すと書いて陽射しとはよく言ったもので、裸で日光浴していると、チクチクと肌を刺されるような刺激に襲われます。 『暑い〜!』と言って邪険にしがちですが、こんな真夏の沖縄を感じられるのももう少し、これも夏の沖縄の醍醐味と楽しんで下さいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 南西
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15〜25m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は連チャンのS藤さんとマンツーマン。ディープSP講習を兼ねて万座の海で潜って来ました。

photo

今日のS藤さんの1番のリクエストは「ナカモトイロワケハゼ」。 このハゼを見る為にディープSPを取得する事になりました。目的を持ってステップアップするのは良い事です。 今日はナカモトランドを2人だけの貸し切りで潜る事ができました。どの瓶に張り付いてもOKです。

photo

S藤さんの選んだ「ナカモトイロワケハゼ」は瓶の外にガンガンに出てきてましたが、 今川のチョイスした「ナカモトイロワケハゼ」はかなりナーバス。 でも、瓶の中でもちゃんと写真は撮れます。いつもと違う雰囲気でこれはこれでいいかも? 

photo

2番目のリクエストは『小さくて可愛い魚達を見たい』という事だったので、幼魚系を中心に見て回りました。 「ハナゴンベ」はこのくらいの幼魚があちこちのポイントで出てますね。もう少し小さい頃に出会いたかったな。

photo

石ころが動いたと思ったら「オニダルマオコゼ」の幼魚でした。横のサンゴのガレから大きさを想像して下さい。 間違って手をつかなくて良かった・・・。今日は大人も見ましたよ。

photo

この時期、産卵の為に獰猛になる「キヘリモンガラ」ですが、幼魚の頃はとってもシャイです。

photo

ゴミと見間違うほどの「ツマジロオコゼ」の幼魚が居ました。右に写ってるのは指示棒の先端です。

photo

普通の魚も見てきました。 赤くないのに「アカモンガラ」とはこれいかに。良く見ると歯が赤いのですよ。分かる?  以前は「アカハモンガラ」と呼ばれていましたが、登録する時点の手違いで「アカモンガラ」になったという話です。

photo

「オオモンカエルアンコウ」は今日も見ました。

photo

卵を世話する「トウアカクマノミ」。もうハッチアウト寸前でした。

photo

「コノハガニ」は海藻を身に付けてカムフラージュ・・・。ばれてますよ。

photo

「イソギンチャクモドキカクレエビ」は少しずつ大きくなっています。(嬉)

photo

3本目は『「ユキンコボウシガニ」など、昨日上手く撮れなかった被写体を撮り直したい』という事でビーチに移動しました。 今日はマンツーマンなので、何でもリクエストし放題です。じっくり撮って下さいね。 2個体の「ユキンコボウシガニ」を紹介したのですが、トータル30分は撮ってました。いい写真は撮れましたか?

photo

「トゲツノメエビ」も撮り直し。名前の由来の、眼の先端のトゲにピントを合わせるのがミソです。

photo

今川は「ナガレモエビ属の一種」を狙ったのですが、なかなかこちらを向いてくれない・・・。リベンジならず。

photo

昨日とは違う被写体も、って事で「ビシャモンエビ」も紹介。

photo

「カイメンカクレエビ属の一種」には意外とハマってましたね。

photo

無事にディープSPも終了しました。お疲れ様でした! ベタ凪の水中から見上げる空が素敵です。

photo

明日もガッツリ潜りましょう!

 ■ 今日はエビ・カニ     2009/08/12
散髪に行きたいなぁ、と思う今日この頃。でも、忙しくてなかなか行けないんですよね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇りのち晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 28度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 2.5のち2m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は2名。 埼玉からお越しのS藤さんは今年3度目のご来店。もうすっかり常連様ですね。 今年、沖縄から北海道に転勤したT屋さんはお盆休みを利用して戻って来てくれました。 ビーチとボートを織り交ぜて潜ってきました。

photo

T屋さんからメールで『エビ・カニ系を中心に、ピカチューとチビカエルアンコウを見たい』とリクエストを頂いたのですが、 何故か最初は「ヒメニラミベニハゼ」(下の写真)と「メガネアゴアマダイ」なんかを撮ってたりして・・・。 でも、意外と粘ってましたね。

photo

それでは、ここからエビ・カニ捜索行ってみましょう。ナマコの裏側に「ウミウシカクレエビ」が居ました。

photo

カニですが、名前が分かりません。目が可愛いので貼っておきます。(追記:「コブヒシガニ」だと思われます)

photo

「フリソデエビ」も出てきました。今年は多いですね。

photo

そして、いきなり今日の大ヒット! 「トゲツノメエビ」です。 過去最大の大きさで2cmはありました。エビ・カニ好きなお客様の時にタイムリーに見れて良かったです。

photo

でも、それ以上に粘って撮ってたのが「ユキンコボウシガニ」。 最初の1個体目はT屋さん自ら見つけてくれました。その後も出るわ出るわで今日は5個体くらい見れました。

photo

このくらいのサイズの「ルリホシスズメダイ」の幼魚が目立ちますねー。って事で1本目を終了。

photo

2本目は「モンツキカエルウオ」に挨拶をしてからスタート。

photo

昨日、知り合いのイントラさんから情報を頂いていた「ヒッポリテ・コメンサリス」。 なかなかの擬態です。しかも、小さい・・・。Sさん、ありがとうございました。

photo

でも、それよりも小さかったのが、「ナガレモエビ属の一種」。そっぽを向かれました・・・。

photo

「ワライヤドリエビ」は同じホストに2個体居たので、それぞれ仲良く撮ってもらいました。

photo

昨日のログに載せた「ペリクリメネス・レピドゥス」と思われるエビが別の場所でも見れました。 こうして見ると、体の中心を通る線の色が個体によってずいぶん違う事が分かります。

photo

西の「オオモンカエルアンコウ」はまだまだ健在。 東の「オオモンカエルアンコウ」は深いトコに行っちゃったので、こっちの方が観察し易いですね。 でも、T屋さんのリクエストはチビのカエルアンコウなんですよね・・・。うーむ・・・。

photo

3本目は「ピカチュー」狙いでボートに乗ってきました。 「ピグミーシードラゴン」は今日は3本とも別の場所で見る事ができました。

photo

あっさり出ると思っていた「ピカチュー」ですが、なかなか見つからず、時間だけが過ぎて行きます・・・。 「シライトウミウシ」や「レンゲウミウシ」(下の写真)は居ましたが、最後まで見つけられませんでした。ガックシ・・・。

photo

「ニシキフウライウオ」は4個体居ました。

photo

「オオモンカエルアンコウ」も見てきましたが、これじゃ大き過ぎますよね。

photo

と、思ったら、チビカエルアンコウが出てきてくれましたよ。リクエストには100%応えられませんでしたが、色々見れて良かったです。

photo

明日はS藤さんのリクエストでアレを見に行ってきます。

 ■ 青の洞窟シュノーケリング     2009/08/11
台風一過ですね。穏やかな海が戻ってきましたよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れときどき曇り
 気 温 : 33度
 水 温 : 28〜29度
 風 向 : 南のち南西
 波 高 : 3m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は、リエさん、ミチコさん、キョウコさん、マイコさんの沖縄最終日。 飛行機の時間まで余裕があったので、ビーチでシュノーケリングを楽しんできましたよ。 ウチはHPにシュノーケリングのメニューを載せていませんが、リクエストがあれば開催する事は可能です。 是非お問い合わせ下さい。

photo

今日の真栄田は波や流れも殆どなく快適に遊べました。浮いてるだけで気持ちいいです。皆の向こうに空が見える〜♪

photo

もちろん青の洞窟にも入ってきました。『本当に青い〜!』とビックリしていましたね。

photo

ドコに行っても『写真撮ってー!』と大はしゃぎです。いっぱい思い出を残しましょう。

photo

たくさんの魚達が目の前まで寄ってきてくれました。

photo

『スキンで水中に潜れるようになりたい!』という事で、特別にスキンダイビング講習も行ってきました。 皆さん飲みこみが早くて、全員が水底まで潜れるようになりましたよ。

photo

結局、3時間も水に浸かってました。たくさん楽しんでもらえたようで良かったです。また遊びに来てね。

photo

皆さんとは現地解散だったので、終わってからサクッと潜ってきました。 先週見つけた「ペリクリメネス・レピドゥス」と思われるエビを撮り直しに行ったのですが、あまり特徴を捉えきれませんでした。 もう一回行かねば・・・。

photo

ついでに「ヒメニラミベニハゼ」もパチリ。

photo

ショップに戻ったら、Nikon D70s用のレンズが届いてました。結局、105mmをチョイスしました。 一度、試し撮りをしてからレンタル用で出したいと思います。使ってみたい方はお問い合わせ下さいね。

photo

明日も潜るのだ。

8/1〜8/10のログ   8/11〜8/20のログ   8/21〜8/31のログ