TOP >>ログブック >>2008年6月のログブック

6/1〜6/10のログ   6/11〜6/20のログ   6/21〜6/30のログ
 ■ 慶良間でカメ三昧(徳ちゃん) & ビーチでまったり(今川)     2008/06/20
連日いい天気が続いている沖縄地方。朝から太陽はギラギラと照り付け、ボート乗船の頃にはもう汗だく。 皆さんも日焼け止めを丹念に塗り込んでおりました。 『ずっとこんな天気が続くといいなー』と思っていましたが、昨日、台風6号が発生。今回はちょいやばそうなコースを辿っています。うーむ・・・。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜30m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様は5名。慶良間と本島の2チームに分かれて潜ってきました。 慶良間チームは常連さんのM田のお母さんに、K川さんとK俣さん。(Photo by 徳ちゃん)(写真左)  ビーチチームは本日到着のリピーターのK村さん。今日は奥様と一緒に参加してくれました。(写真右)

photo photo

まずは、慶良間チームのログから。今日はドコに行っても透明度が良かったみたいです。 砂地→地形→サンゴと、3つの雰囲気の違うポイントを潜り倒してきました。 M田のお母さんが見つけたのは「コンシボリガイ」。サスガです。(Photo by 徳ちゃん)

photo

そして、今日はカメ三昧だったらしいです。K川さんいい位置につけています。(Photo by 徳ちゃん)

photo

K俣さんと「アオウミガメ」。(Photo by 徳ちゃん)

photo

M田のお母さんもパチリ。皆さん、間近でじっくり見れて良かったですね。(Photo by 徳ちゃん)

photo

さて、ビーチチームの1本目は真栄田岬でした。ポイントはご覧のように超ベタベタ。 平日なので混んでなくて、快適に潜れましたよ。

photo

リクエストだった黄色の「ジョーフィッシュ」に直行しましたが、何だか色がくすんできていますね・・・。

photo

「タイワンカマスの群れ」はいい感じでまとまってます。欲を言えば、もう少し数が増えて欲しいな。

photo

洞窟の中では、この時期の風物詩、「リュウキュウハタンポの幼魚」が大量発生中。 あちこちで大きな塊になってハタンポ玉ができていました。

photo

人懐っこい「ツバメウオ」も出迎えてくれました。奥様は目の前まで寄ってくる「ツバメウオ」にビックリしていましたね。

photo

場所を砂辺に移動して、2本目は「ナカモトイロワケハゼ」狙い。 居ついててくれるか心配でしたが、今日もちゃんと居てくれましたよ。 K村さん、ずーっと突き刺さってましたね。 昨日、場所が変わったばかりなのに、今日は、既に殆どのショップさんが新しい場所を知っていて、 エントリーですれ違う度に『ナカモト居ましたよ〜』って声をかけてくれました。皆さんのガイド力に脱帽。

photo

その後は、引っ込まない「ヒレナガネジリンボウ」を激写。 どのくらい引っ込まないかというと、下の写真をご覧あれ、レンズの先端から30cmくらいまで寄っても、まだホバリングしています。 すごい度胸ですね。水深も20mと浅いし、粘れる被写体です。

photo

数は少ないですが、奥様の大好きな「チンアナゴ」も見てきました。

photo

ナマコの裏には「ウミウシカウレエビ」が居ました。今日は色んなものをじっくり見れて良かったですね。

photo

さぁ、今日から11連チャンで仕事です。でも、台風6号が心配・・・。

 ■ 別れがあれば・・・。(今川)     2008/06/19
梅雨明けの沖縄は今日も絶好調のお天気&海況です。 ゲストは居ませんが、こんなお天気の日に潜らない手はありません。 今日もポイント調査に出かけてきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 32度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1m
 透明度 : 15〜20m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日は「ナカモトイロワケハゼ」狙いではありませんが、とりあえず挨拶しようと思って、いつもの場所に立ち寄ってみると・・・。 『んん? うーん? あれれ?』 ガーン!居なくなってました。まぁ、自然のものなので仕方ないですね。 短い期間だったけど、今まで楽しませてくれてありがとー。

悲しい気持ちを抱えつつ、今日は以前から目を付けていた被写体を撮りに行きました。 「シャープスノウト・スネークイール」です。 結構、たくさん居て、6個体くらい見つけました。 3日前に見た時はペアリングしてて、2個体が寄り添うように出ていたのだけど、綺麗な写真は撮れず・・・。 今日はそのリベンジだったのですが、ペアの個体は見つかりませんでした。

photo

引っ込まない「ヒレナガネジリンボウ」。

photo

「ヤシャハゼ」はペアで。

photo

浅場では「キンギョハナダイの幼魚」が目立ちますね。子供なのにパープルのアイシャドウなんておマセさん。

photo

別れがあれば、出会いもあります。居なくなったと思ってた「ナカモトイロワケハゼ」と別の場所で遭遇。 同じ個体か別の個体かは分かりません。 でも、見つけた瞬間はアドレナリンが大量に放出されましたよ。悲しい気分が一気に吹き飛びました。 それにしても、こんな砂まみれのホストで大丈夫かな? 今度は長く居てくれる事を祈りましょう。

photo

さて、ここのところ長いこと遊んでしまいましたが、明日から忙しい日々が続きます。 この週末で今までの休みを返上するくらいバリバリに働きたいと思います。しばらくポイント調査はお休みです。

 ■ 朝から1本(今川)     2008/06/18
今日は恩納村のショップオーナーのSさんと一緒に1本だけ潜ってきました。 このショップさんのHPは、沖縄に来た時からずっと見させて頂いており、 生物を捜す目や、ガイドスタイル、考え方など、色々と勉強させて頂いたショップさんでもあります。

常々、『こんなガイディングのできるガイドになりたいなー』と思っていたのだけど、そのうち、ポイントでお会いするようになり、 色んなお話しをして、生物の情報交換などをするうちに仲良くなって、今回のダイブに至ったのです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 27度
 風 向 : 南
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

とりあえず、『「ナカモトイロワケハゼ」が見たい』という事だったので、そこへ直行。 今日はずーっとホバリングしていました。 本当に浅いし、小さな貝殻の上に居るので、本当に撮り易い。 でも、石垣島の仲良しショップさんに聞いたら、『貝の上に居る「ナカモトイロワケハゼ」は、すぐにエソなどの捕食者に食べられてしまう』そうです。 『早いトコ、ビンなどを置いて大事にした方がいいですよ』と言われたけど、 あくまでも、『自然にそこへやってきたものならば、自然のままにしておいた方が良い』というのが、今の今川の考えです。皆さんはどう思いますか?

photo

その近くに居た「アカクセニアウミウシ」も紹介。しかし、今川が紹介した(できた)のはここまで。

photo

「テンスの幼魚」が枯葉のように波に揺られてました。あっちへ行ったり、こっちへ来たり・・・。撮り難い。

photo

Sさんが呼んでいるので行ってみると、スレートに「キリンミノの幼魚」と書かれていました。 Sさんの足元にある岩をじっと見つめるけど、『え?ドコ?ドコ?』って感じで、何処に居るのか分からない。(こーいう時って、同じガイドとして焦りますね) で、Sさんがスレートのペン先を近づけたその先に、15mmくらいの「キリンミノの幼魚」がちょろっ!と出てきたじゃないですか。 うーむ、良くこんなの見つけますね。

photo

これも教えてもらった、寄っても引っ込まないという「ヒレナガネジリンボウ」。本当に最後まで引っ込みませんでした。

photo

「ダテハゼ」の背中に大きな「スミゾメキヌハダウミウシ」がぶら下がってました。

photo

ここの「オニハゼ」は他のポイントのものよりも寄り易い気がする。(当社調べ)

photo

昨日も見た、大きな「チギレフシエラガイ」。いや、正確に言うと4日前から見ている。あんまり移動してないのね。

photo

そして、これもSさんに教えて頂いた「ナガレモエビ属の一種」。 うーむ、小さい。今度はコンデジで撮りに来よう。 これ以外にも、色々な生物を見せて頂きました。 中には初めて名前を聞くものもあって、大変に勉強になった1本でした。 Sさん、今日は色々とお世話になりました。(感謝!)

photo

連日天気も海況もグッドですね〜。明日も潜りたいぞ。

 ■ 梅雨明け宣言!(今川)     2008/06/17
週間天気予報に晴れマークが並んでるなーと思ってたら、本日、梅雨明け宣言しました〜!!!  例年より6日も早い梅雨明けだそうですよ。その分、夏が長くなって得した気分ですね。 いよいよ、これからが沖縄のトップシーズンです!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 31度
 水 温 : 26〜29度
 風 向 : 南
 波 高 : 1.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日のお客様はお久し振りのゆぅゆさん。梅雨明けに合わせて始動ですね。 リクエストの生物を求めて、ビーチでまったりフォトダイブしてきました。

photo

まず、1つ目のリクエストだった「ホホスジタルミの幼魚」。旬なモノは旬なうちに見ておきましょう。

photo

2つ目のリクエストの「ヒオドシベラの幼魚」を貸し切りで撮ってもらいつつ、 今川はその横で「マルスズメダイの幼魚」(下の写真)を撮っていました。 尾ビレの先端が二又に分かれているトコロが可愛い。人間には嫌われる枝毛も、この魚ならキュートに見えるから不思議。 もちろん、ゆぅゆさんもこの魚は好きなので、紹介して撮ってもらいました。

photo

「ニシキフウライウオ」は2個体。もう1個体はどこかに旅立ってしまったようです・・・。

photo

「キスジカンテンウミウシ」は白にオレンジのコントラストが綺麗ですね。ウミウシもまだまだたくさん出ています。

photo

4日前と同じ場所に居たので、同じ「イロブダイの幼魚」だと思う・・・。 でも、大きさが倍くらいになっていました。違う個体なのかなー?  もし、同じ個体だとしたら恐るべき成長スピードですね。

photo

場所を移動して、3つ目のリクエストの「ナカモトイロワケハゼ」を見に行きました。 今日はコンデジなので、デジイチよりは寄り易い・・・。でも、アップで撮ると、貴方って意外と怖いのねー。

photo

「ベラギンポ」が砂に半分埋もれていました。

photo

「イシガキカエルウオ」はお目目パッチリ!チャーミングゥ。

photo

こんなトコにも居るのね。「ヨコシマエビ」。

photo

あー、それにしても水に浸かっているだけで気持ち良い。皆さんもこの良い季節に遊びに来て下さいね。

 ■ あくびフェチ(今川)     2008/06/15
今日は昨日の「ナカモトイロワケハゼ」を撮り直しに出かけてきました。 実は、昨日見つけた時に、知り合いのセルフダイバーが居たので、先に何枚か撮って、譲って戻ってきたのですよ。
で、そのダイバーさんが上がってくるのを待って、撮った写真を見せてもらったら、あくびをしているシーンがバッチリ映ってるじゃあーりませんか!  何でも、『じっと見てたら結構あくびしますよ!』という事だったので、今日は『「ナカモトイロワケハゼ」のあくびを撮る!』というのを目標に潜りました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 30度
 水 温 : 26度
 風 向 : 南
 波 高 : 2.5m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

朝早く出たので、貸し切り状態を予想。1本だけ粘ってサクッと帰って来ようと思ってたのですが、 ポイントに着くと、早くも多くのダイバーさんが集結していました。しかも、皆さん知った顔。(あ、今日は日曜日だったのね・・・)  もちろん、皆さんの狙いは「ナカモトイロワケハゼ」。(噂は新幹線より早いとはこの事)
タイミングをずらして入ったのですが、撮影を始めると、すぐに他のダイバーがやってきて、なかなか思うように撮れません。 1本目は5回しかシャッターを押せず、2本目は初めてお会いするセルフダイバーさんに『一緒に潜って下さい』と、道案内をお願いされ、これも途中で譲ってきました。 こんな写真は撮れるのですが、あくびシーンにはお目にかかれません。

photo

でも、3本目にようやく目標のあくびシーンが撮れましたよ。 しかも、ノートリミングで、目にジャスピンです。 普通のシーンも可愛いですが、こんな写真も動きがあっていいですよね。

photo

正面からもパチリ。(こちらはトリミングしています)  結局、4回あくびをしたのですが、4回とも捕らえてきましたよ。 3本目も途中でダイバーが来たので、すぐにその場を離れましたが、納得のいく写真が撮れたので満足です。

photo

さて、このコ、いつまで居てくれるのでしょうか?

 ■ 飽きもせず・・・(今川)     2008/06/14
今週はヒマな週末です。まぁ、こんな時もありますね。 予報では雨が降るという事でしたが、日中は晴れて蒸し暑かったです。 なので、今日も海に出かけてきましたよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れのち曇り
 気 温 : 29度
 水 温 : 25〜26度
 風 向 : 南
 波 高 : 2のち2.5m
 透明度 : 10m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

毎日同じポイントで潜ってると、ネタがダブってしまうので、今日は久し振りに違うポイントで潜ってきました。(今年2回目です) 今日はウミウシが多くてビックリしました。一番多く見たのは「アカクセニアウミウシ」。 「沖縄のウミウシ」には『35mmに達する』とされていますが、50mm前後のヤツがゴロゴロしていましたよ。

photo

スソがヒダヒダになっている「スソヒダウミウシ」。砂地を這っていたので、遠くからでも分かりました。

photo

これも大きかった「オオコノハミノウミウシ」。大き過ぎて全身が撮れないので、顔の部分だけをパチリ。 こんな時はマクロとワイドを切り替えられるコンデジの方が有利ですね。

photo

白地に黄色の縁取りの「メレンゲウミウシ」。

photo

こちらは白地に赤の縁取りの「フチベニイロウミウシ」。フチがひらひらしてて、フラメンコダンサーのようでした。

photo

エビでは「バブルコーラルシュリンプ」に・・・。

photo

「バサラカクレエビ」などと戯れてきました。

photo

「コブシメ」の赤ちゃんは、ソフトコーラルのベッドの上でスヤスヤ・・・。

photo

『さぁ、各馬一斉にゲートイン・・・』というアナウンスが流れてきそうですね。「ゴンズイ玉」は大きかったです。

photo

「カクレクマノミ」のおチビちゃんはいつも元気!

photo

今まで、紹介はすれど、あまり撮る気にならなかった「クロユリハゼ属の一種」。 『デジイチを持ったら撮ってみよう』と思ってた被写体の一つです。
それにしてもデジイチって楽しい! ファインダー覗いてると、ついつい夢中になりますね。 (お客様が粘って一生懸命に撮ってる気持ちが分かります) デジイチのハウジングを買おうかどうか迷ってる方は間違いなく「買い!」ですよ。 ちなみに、Ocean Blueでは各メーカーのハウジングを取り扱ってますので、購入を考えている方はご相談下さい。お安くさせて頂きます。

photo

最後は「ナカモトイロワケハゼ」の写真を貼りましょう。水深も浅く、撮り易いおりこうさんでした。

photo

明日もヒマだな。

 ■ 続・カメラの練習(今川)     2008/06/13
今日もデジイチの練習です。今日は知り合いのインストラクターと一緒に潜ってきましたよ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 晴れ
 気 温 : 29度
 水 温 : 25〜27度
 風 向 : 北西のち東
 波 高 : 1m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「タツウミヤッコの幼魚」は露出が強すぎた・・・。(ってか、開きすぎ)

photo

「イロブダイの幼魚」は露出が弱すぎた・・・。(ってか、絞りすぎ)

photo

「ノコギリハギの幼魚」も同じく、く、暗い。

photo

そして、知り合いのイントラから教えてもらった「ホヤカクレエビ」。目が茶色なのね・・・。 (6/14 訂正:この生物は「カイメンカクレエビの仲間」だという事です)

photo

と、思ったら、こっちの個体は黄色でした。まだまだ未知なる生物が居るのですね。

photo

まだ、水中でのダイヤル(ボタン)操作に慣れません。もっと練習をしなければ・・・。

 ■ カメラの練習(今川)     2008/06/12
今日はビーチにポイント調査を兼ねてデジイチの練習に行ってきました。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
 天 気 : 曇り一時雨
 気 温 : 30度
 水 温 : 25〜27度
 風 向 : 南西のち西
 波 高 : 1.5のち1m
 透明度 : 15m
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

デジイチを使うのは今日で3回目。まだ説明書を手放せません。(笑) とにかく慣れる事が必要です。 色んな被写体を撮っていきましょう。「ホホスジタルミの幼魚」は同じ場所に居ました。 大人になると見向きもされない存在です。

photo

「ヒオドシベラの幼魚」も健在。真ん中に来ていないのは目にピントを合わせたい為。今日はこんな写真が多かった・・・。

photo

ピント合わせが楽なので、普段はあまり撮らない「チゴベニハゼ」なども撮りたくなりますね。

photo

「イシガキカエルウオ」のおチビちゃん。

photo

黄色の「ジョーフィッシュ」。 ちなみに、今日はカメラもストロボも全部マニュアルで撮っているので、絞り&シャッタースピードがぐちゃぐちゃです。 まぁ、3回目にしては撮れた方ではないでしょうか?  これからゲストの入ってない日は、できるだけデジイチの練習をしていきましょう。

photo

ガイドのSさんから飛びっきりのネタを教えて頂いたのだけど、見つける事が出来ませんでした。リベンジあるのみ。

 ■ よもやま話(今川)     2008/06/11
今日もとってもいい天気だったのですが、海には出ず、ショップに篭っていました。 先月末から殆ど休みなしの状態で潜っていたし、これから先の事もあるので、たまには窒素も抜かせて下さいませ。

今日はお客様からお預かりしていた器材のオーバーホールが3セット上がってきたので、梱包して発送。 そうしたら、またまた1セットが届きました。(ありがとうございます)  『オーバーホールは潜らない冬のうちに!』っていうキャッチコピーがあるのですが、 これは、冬場に懐の淋しくなるダイビング業界の戦略もあるのでしょう。 実際には、器材を良く使う夏場の方が需要が多いですね。皆さんも定期的にオーバーホールをしましょうね。

その後はショップの模様替えを実施。 どこを変えたかここでは敢えて紹介しませんので、ショップにご来店された方はどこが変わったのか捜して楽しんで下さいね。

さてさて、梅雨の沖縄は湿度が無茶苦茶高いです。今日の湿度は(晴れてても)80%でした。 明日からは雨が降るので90%を超える予報になっています。 こんなに湿度が高いと、心配になってくるのが「カビ」。 大事なカメラやレンズは防湿庫の中に入れて保管しています。 この中に入れると、湿度を30%前後に保ってくれます。 現在はこの写真のものよりも小さな防湿庫が手頃な価格で販売されています。 カメラをやる方でしたら、プロじゃなくとも持っておきたい設備ですね。

photo

せっかく買ったデジイチですが、現在はこの中で眠っています。たまには使ってあげないとね。

6/1〜6/10のログ   6/11〜6/20のログ   6/21〜6/30のログ