TOP >>ログブック >>2005年11月のログブック

 ■ ポイント調査(今川ログ&ナギ)     2005/11/08
昨日、今日、明日と3日間はお客様の予約が途切れ、暇なOcean Blueであります。
暇?なのかな?・・・。いや、暇かというとそうでもない、ちゃんとやるべき事はある。 昨日はNAUIのアフィリエイトセミナーに出かけてきたし、目下、オリジナルのトレーナーやパーカー、ボートコートなどの冬物商品も作っている。 それが出来上がったらオンラインショップのHPにアップする作業も控えている。 冬場の海外ツアーの企画や、その他考えないといけない事は多々ある。こう見えても案外忙しいのであります。

でも、最近は11月とは思えない天気&海況が続いています。こんな日にショップで悶々と事務仕事ってのも精神的に良くないと判断。 ナギと一緒にポイント調査に行ってきました。ポイント調査なので、ただ漫然と潜ってるだけではありません。 今日の課題は『どんなトコにどんな生物が居るか』という基本を再確認しながら潜りました。

1本目は真栄田の深〜いトコ。「ヒレナガネジリンボウ」の子供が目に飛び込んできました。 ここはナギも何度も潜ってるのでお手のものです。自分でもいっぱい見つけて写真を撮ってました。

photo

「ヤシャハゼ」のペアと「ハナハゼ」が仲良くホバリングしていました。(下の写真) 本当は「ハナハゼ」もペアで居たんだけど、アプローチの過程で1匹は早々と穴の中に逃げてしまいました。 これ以外では「ヤノダテハゼ」や「ヤッコエイ」も居ました。 こんな世界を覗いてみたい方は是非ディープスペシャルティを取って下さいね。(さりげなく宣伝)

photo

「ハナヒゲウツボ」の幼魚・・・というか若魚もいつもの場所に居ました。 初めて見た時は耳掻きぐらいの太さだったのに、今は鉛筆ぐらいの太さにまで成長しています。 ブルーの綺麗な成魚になるまでここに居て欲しいものであります。ちょいピンボケ。

photo

「フリソデエビ」を捜そうと岩場に行ったら、ナギが一発目で「キンチャクガニ」をゲット。 うむむ・・・やられた。狙ってた獲物とは違うけど、アイドルの登場に二人で激写してしまいました。 ちなみにこの「キンチャクガニ」の甲の大きさは1cm程度です。 クローズアップレンズを3枚重ねで撮ると、こんな被写体でもノートリミングでここまで撮れてしまうのであります。綺麗でしょ?  カメラパーツもOcean Blueのオンラインショップで扱ってますので是非是非買って下さいませ。(しつこく宣伝)

photo

2本目は砂辺に移動。「マンジュウヒトデ」には「ヒトデヤドリエビ」がついています。 この紫の色あいのヤツは綺麗ですね。

photo

「バブルコーラル」こと「ミズタマサンゴ」には「バブルコーラルシュリンプ」がついています。 何故、和名が「ミズタマサンゴエビ」にならないのか不思議。
こうやって、ホストとゲストの関係が分かれば生物も捜しやすいのであります。 ちなみにこれ以外では「ムチカラマツ」につく「ガラスハゼ」や「イソバナ」につく「イソバナガニ」や「イソバナカクレエビ」なども見てきました。

photo

「ソフトコーラル」や岩陰などのストラクチャーは魚達が身を隠す絶好の場所です。 捜してみたら案の定「ヘコアユの群れ」が居ました。全部で3箇所くらいで見つけました。ナギを入れてパチリ。

photo

「イラモ」に「イソギンチャクモエビ」や「ホシゾラウミウシ」がついていました。 『この「イラモ」には色んな生物がつくから捜してみて』と言ったら、ナギも自分で「オランウータンクラブ」を見つけました。 こんな捜し方ができるとガイドとしての幅が広がるのだ。
この写真には「イラモ」が写ってないけど、撮影した後はちゃんと元の場所に戻してあげました。 こうすると、しばらくの間居てくれるのでずっと見る事ができます。 ちなみに「イラモ」は海藻に見えるけど、クラゲの仲間なので触るとチクチクします。気を付けて下さいませ。

photo

最後には浅瀬で「モンツキカエルウオ」2個体をゲット。2個体ともナギが見つけました。 最後まで諦めないで生物を捜す姿勢は立派です。ナギもどんどん成長して皆様から愛されるスーパーガイドになって欲しい。

photo

暖かいとは言え水温は25度。長く潜ると寒さを感じるようになってきました。 そろそろフードベストが恋しい季節です。

 ■ レスキュー講習(今川ログ)&慶良間を満喫(ナギログ)     2005/11/07
今日はレスキュー講習とファンダイビングの2つのメニューがあり、今川とナギで分けて行ってきました。 レスキューのお客様は沖縄在住の森田泰昭さん。プロのミュージシャンです。 今川が沖縄に来てすぐの頃、森田さんの出ているTVコマーシャルを見て『おぉ、この人はカッコいいな』と思ってたのだけど、 まさかその人がウチのショップに来てくれるとは・・・。感激であります。

初日の今日はショップで学科講習のみを行いました。一日中学科で大変でしたが、学科テストまで終了。もちろん合格です。


次回は実技講習です。森田さんは『酒を断って臨む!』と気合十分です。頑張りましょうね。
こんにちは! ナギです!
今日は昨日に引き続き東京からお越しのA古さん夫婦と慶良間に行ってきました。


地形・砂地・サンゴのポイントでそれぞれ3本潜ってきました。

photo

A古さんは魚が好きなようで、水中で見られる魚を片っ端から撮ってましたね。 ログ付けの時にTVに映して『この魚の名前は?』って全部聞いてくるから、ナギはずっと図鑑とにらめっこ・・・。(汗)  今川さんにずいぶん助けてもらいました。

photo

まだまだ知らない魚がたくさん居るんだなぁーって思いました。 これからいっぱい魚の名前も覚えていきますので暖かく見守って下さいね。
以上! ナギログでした!

 ■ 夏の慶良間(今川ログ)&シュノーケリング(ナギ)     2005/11/06
今日も南寄りの風が吹き、沖縄は夏のような一日でした。明日からは風が北に回るので、この陽気も今日まででしょう。 なので、今日も夏にしか行けないポイントを選んで潜ってきました。

今日は東京からA古さん夫婦が遊びに来てくれました。今川が担当して慶良間に行ってきました。(写真左)  ナギは昨日も潜って頂いたO和田さん兄弟とTさんの3名と真栄田に行ってきました。本日の飛行機で帰るという事なので、スノーケリングで遊んできました。(写真右)


まずは今川チームのログから・・・。1本目はいきなり「タイマイ」とご対面。 ゆっくり泳いでいたので何枚も写真が撮れましたよ。

photo

その後は、片手片足の「アオウミガメ」と遭遇。久し振りに見ました。逞しく生きています。

photo

2本目もサンゴの上でお昼寝中の「アオウミガメ」を発見。ずーっとこのままだったので、かなり間近から写真を撮ってましたね。いい写真は撮れましたか?

photo

ここは砂地の綺麗なポイントだったので、砂地にも降りてみました。真っ白な空間に癒されました。

photo

3本目はお得意のカメポイント・・・だったのですが、既に1、2本目にお腹いっぱい見ているので、あまり気合を入れずに目に入ってくる生物だけを紹介しました。 お二人にウケが良かったのは「ネムリブカ」でした。あまりにも寄りすぎて全身が撮れなかった・・・。

photo

ナギチームは定番の「ツバメウオ」の群れに「グルクマ」(下の写真)を見てきたそうです。 今日は最高の透明度で捕食中の「グルクマ」にも超接近できて楽しかったみたい。青の洞窟にも入ってきました。

photo

今日の今川チームのその他の写真です。

photo photo photo photo

できればこのままの陽気が続いて欲しいですね。

 ■ 満員御礼(今川ログ・ナギ・真美)     2005/11/05
今日はOcean Blue始まって以来の多くののお客様に遊びに来て頂きました。 まずは、3日連続のN沢さんご夫婦に、2日目のN美さんご一行様。昨日真美と真栄田で潜ったT木先生ご一行様に、M田さんが合流。 そして、リピーターのO和田さんが弟と友達のTさんを連れて来てくれました。 その数、何と16名! 今川とナギと真美の3人でチーム分けして潜ってきました。


今日は南からの風で波の高さ1.5m。殆どベタベタの状態でした。気温も28度あり11月としてはありえない天気&海況でした。 天気がいいだけでその日のダイビングは半分成功したと言っても過言ではありません。潜ってるだけで気持ちいいもん。
でも、ちゃんと見せるものはお見せしますよ。今川チームは1本目カメを見に行きました。しばらく泳ぐと、「タイマイ」とご対面。 全員で囲んでじっくりと見てきましたよ。

photo

真美チームはボートの近くで遊んでいました。ボートの近くといっても生物は豊富。 餌付けなんかしなくてもこれだけ魚が寄ってきてくれるので退屈しないですよね。

photo

真美チームの皆さんと記念撮影。透明度も良くて気持ちよかったですね。

photo

2本目はサンゴの綺麗なポイントでまったりと潜りました。 テーブルサンゴの下には「ネムリブカ」が居ました。頭にちょこんと付いている「コバンザメ」がチャームポイントです。 真美チームはここでカメが見れたそうです。良かった。 これ以外では「イロブダイの幼魚」や「ハナゴイの群れ」、「サザナミフグ」、「カクレクマノミ」、「セジロクマノミ」、「イソバナガニ」や「イソバナカクレエビ」なども見てきました。 N美さんは「ミナミハコフグの幼魚」を見つけていました。これだけ人数が多いと紹介した生物以外に皆さん色々と見てますね。

photo

3本目はスッコーン!と抜けた外洋で潜ってきました。透明度何と70mオーバー! これも過去最高です。 全部のチームが何処に居ても見えてました。 「イソマグロ」や「スマ」などの回遊魚がグルグル回って「キビナゴ」にアタックを繰り返すシーンが何度も見れました。 あまりにも速くて全然写真が撮れなかった・・・。

photo

本日はJ徳さんの誕生日だったので水中で皆でお祝いをしてきました。おめでとうございまーす!

photo

ショップに帰ってログ付けですが、ログ付けスペースが足りないので、お隣の居酒屋さんでビールを飲みながらログ付けを行いました。 いつもよりテンション高めでした。(笑) 誕生日のJ徳さんにはOcean BlueオリジナルTシャツをプレゼントしましたよ。

photo

今日のその他の写真です。とにかくワイワイと賑やかな一日でした。

photo photo photo photo


photo photo photo photo


 ■ 慶良間サイコー!(今川ログ)&真栄田でワイワイ(ナギ・真美)     2005/11/04
今日と明日はお客様が多いので、今川とナギ、そして真美にもヘルプで来てもらい3人体制でサポートします。 本日の今川チームのお客様は、昨日から引き続きのN沢さんご夫婦と、福井県からお越しのN美さん、M下さん、J徳さんの合計5名です。慶良間に行ってきました。 ナギ&真美チームのお客様は、N美さんのご紹介で、T木先生、K藤さん、Y村さん、S原さん、M原さん、N村さん、O久保さん、K井さん、M瀬さんの9名です。 こちらは本日到着だったので、真栄田岬に行ってきました。


今川チームは1本目、慶良間の最果てまで行ってダイナミックな地形ポイントで潜ってきました。 透明度は良く、「ナンヨウハギ」や「グルクン」、「スマ」や「イソマグロ」などが見れました。

photo

根の表面には「キンギョハナダイ」がびっしりと群れていました。

photo

大きな「イソバナ」には「ヒオドシベラの幼魚」が着いていました。

photo

2本目も透明度の良いポイントで潜ってきました。「グルクン」は終始周りを流れていました。 「カスミチョウチョウウオ」や「ハナゴイの群れ」(下の写真)が見事でした。 これ以外では「カノコイセエビ」なども居ました。

photo

根の上でフリータイム。久々に「イシガキカエルウオ」なども撮ってみました。笑ってるように見える?

photo

3本目は砂地のポイントでまったりダイブ。潜降直後に「ヒメオニオコゼ」が居ました。

photo

「クロヒラアジ」の子供たちが砂地で一生懸命にエサを食べていました。何もないような砂地なのだけど、エサになるものがたくさん居るんでしょうね。

photo

テーブルサンゴに群れる「デバスズメダイ」の子供たち。皆さんが必ず足を止めて眺める場所です。

photo

今日も「ハダカハオコゼ」は2枚並んでいました。昨日写真を載せたので、皆さんに紹介しながら、今川は「ユカタハタ」を撮ってみました。 これ以外では「チンアナゴ」なども見てきましたよ。

photo

最後に「イイジマウミヘビ」の写真もパチリ。ウミヘビは意外と印象に残るみたいで、皆さんいつもログブックに記入してますね。 こういう生物もきっちり紹介していきましょう。

photo

今日はデジカメをレンタルして頂いたので、ナギチームの写真がありませんが、皆さんワイワイと楽しく潜ってこられたようです。

 ■ ハナヒゲ復活(今川ログ)&ジンベエツアー(ナギ)     2005/11/03
今日は神奈川県からN沢さんご夫婦が遊びに来てくれました。本日到着だったので今川と真栄田岬に行ってきました。(写真左)  そして、もう一組、愛媛県からはM谷さんが潜りに来てくれました。ナギと一緒にジンベエザメツアー+ビーチダイビングをしてきました。(写真右)


今川チームの一本目はディープなポイントへ。「ハナヒゲウツボの幼魚」(下の写真)が久し振りに復活していました。 他のショップさんに言ったらここ最近は行方不明だったそうです。 ビーチにはたまにしか来ないけど、たまに来た時に居てくれるので嬉しい存在です。 これ以外では「ジョーフィッシュ」や「ヤシャハゼ」も見てきました。

photo

定番の「ツバメウオ」を見た後は根の上でフリータイム。色とりどりの熱帯魚を写真に収めてきました。

photo

2本目は「ヘコアユの群れ」(下の写真)を見たり、「ハタタテハゼ」や「パンダダルマハゼ」を見てきました。

photo

洞窟の中には「リュウキュウハタンポ」(下の写真)がいっぱい居ましたね。「オトヒメエビ」や「オオサンゴサラサエビ」はぐちゃっ!と群れていました。

photo

今日は天気&海況が良くて気持ち良く潜れました。水面が穏やかだったのでこんな写真も撮ってみました。

photo

ナギチームの1本目はジンベエザメツアーに行ってきました。ジンベエザメ2匹は今日も元気でした。

photo

ジンベエザメツアーの後は真栄田岬で潜りました。 今川チームと駐車場で会う事ができたので、「ハナヒゲウツボ」の情報を教えて、二人も見る事ができたようです。 これ以外では「ヒレナガネジリンボウ」や「ツバメウオの群れ」(下の写真)も見てきました。

photo

ワイドばかりじゃなくマクロの写真も、って事で、「キイロイボウミウシ」の写真を載せておきましょう。

photo

しばらく海況の良い日が続きそうです。

 ■ カメ三昧(今川ログ)     2005/11/02
早いものでもう11月ですね。今年もあと2ヶ月となりました。 今月も、そして来月も多くのお客様に予約を入れて頂いております。 でも、平日は空いている日もありますので、どんどん潜りに来て下さいね。 そして、正月連休のご予約も少しずつ入ってきています。 年末年始にダイビングを計画されているお客様は早めのお申し込みをお願いします。

今日は常連様のM邊さんとマンツーで慶良間に行ってきました。 今日は天気&海況共に最高の一日でした。 今川も9日振りの慶良間に心がウキウキしています。


1本目はサンゴの綺麗なポイントへ・・・。エントリーしたら目の前に「アオウミガメ」が居ました。 水に浸かって1秒。過去最短記録です。(笑) 『今日は写真を撮りまくる!』と気合を入れていたM邊さんもググッと寄って写真を撮ってましたね。

photo

そのカメと遊んでいたら、足元にも「タイマイ」が居るのを発見。 「アオウミガメ」にお別れして、今度は「タイマイ」と遊びました。

photo

貸し切りで写真を撮りまくってたら、M邊さんがピタリとついて来るのを止めました。 もう、カメには飽きたみたいで「クマノミ」や「カクレクマノミ」の写真を撮ってました。(下の写真)「カクレクマノミ」なんてどのポイントでも居るのに、贅沢ですね〜。

photo

その後、砂地で「テンスの幼魚」や「ハナミノカサゴの幼魚」などを観察。 ボートの下に戻ったら、さっきのとは別の「アオウミガメ」が寝ていました。(下の写真)

photo

その根の上でも「アオウミガメ」がお昼寝中。 サンゴに突っ込んだような すごい格好で寝ていました。よほど眠いんでしょうね。

photo

2本目はあまり泳ぎ回らずに、一つの被写体に的を絞って写真を撮りたいというリクエストがありました。 『ならば、「リュウグウベラギンポ」のヒレを広げた瞬間を撮りましょう』という事でじっくり撮影会。 今回はマンツーマンだし、被写体もたくさん居るので、今川も粘って撮ってみました。M邊さんは撮れましたか?

photo

テーブルサンゴに群れる「デバスズメダイ」の子供たち。ここでもたくさん写真を撮ってました。

photo

その後、「チンアナゴ」や「クマノミ」などを写真に撮って「ハダカハオコゼ」を見に行ったら、2匹が綺麗に並んでいました。(下の写真) しかーし、M邊さん、今日はバンバン写真を撮り過ぎて、この時点で既にメモリーオーバー。 とっさに一枚消去してから撮ってました。デジカメならではですね。最後に「カクレクマノミ」を見て浮上。

photo

3本目、M邊さんはメモリーとバッテリーを交換してエントリー。 すると、またまた大きな「アオウミガメ」が登場〜。今日はホントにカメ三昧でしたね。

photo

「ケラマハナダイ」が優雅に群れる光景を見たり・・・。

photo

「ヨスジフエダイ」も見てきました。あまり群れていなかったなー。

photo

エビ類もいっぱい見てきました。まずは「ニセアカホシカクレエビ」に「イソギンチャクエビのペア」(下の写真) 大きいのがメスで、左下の隅に写っている小さいのがオスです。分かるかな? ノミの夫婦ですねー。エビだけど・・・。
この後は「ナデシコカクレエビ」も見てきました。

photo

最後に「ハタタテハゼ」や「メガネゴンベ」、「セジロクマノミ」、「カクレクマノミ」などをじっくり撮ってエキジット。 今日はどのポイントも透明度が30mオーバーだったし、水温も26〜27度で暖かかったです。 今日のその他の写真です。

photo photo photo photo

週末はお客様が多いので、このままの海況が続くといいなぁ。